2008年06月18日

【蹴】【EURO2008】フランスvsイタリア(0-2)

オランダに粉砕された前回W杯ファイナリストの2チーム。
勝たなければ終わるしたとえ勝っても同時に行われているオランダvsルーマニアでルーマニアが勝てばどちらも終了となってしまう。

が、まあどっちも勝たないとって感じだからあまり関係ないのかな?



で、そんな試合だが、フランスは開始早々10分足らずでリベリーが負傷退場。



さらに23分、抜け出たトニを倒してしまいアビダルが退場。
そのPKをピルロがきっちりと決めてイタリアが先制。

フランスにしてみればまさに踏んだり蹴ったり。
あそこまで無理しなくとも決めれるかどうかは微妙だったのに。


そしてリベリーに代わって入ってたナスリがDFブームソンと交代。なんとかわいそうな……15分ぐらいしか試合してないのに……。


というか、後2点取らにゃならんのにこの時間にして交代枠を二つもつかっちゃって大丈夫なのかいな。


40分、グロッソのFKがポストにはじかれた流れからフランスのカウンター。
ピルロがベンゼマ?を倒してイエロー。
このままイタリアが勝ったとしても次の試合(スペインか?)には出場停止。


後半8分、ガットゥーゾにもイエロー。
二枚目でやっぱり次節出場停止。

直後にピルロを交代。
そして10分、オランダが先制したという情報がもたらされるとスタジアムは大合唱。いい雰囲気だなぁ。
ん?ピルロの交代もそれを知ったからなのかな?


15分、ゴール正面からのFK。
デロッシが思い切り蹴ったシュートが壁のアンリに当たってコースが変わりそのままゴールへ。

こっちの試合はこれで決まりかなぁ。

イタリア的には後はオランダ頑張れ!と言ったところか(^_^;)


20分、ゴブに代えてアネルカ。
ゴブはけっこうネックになってたような気がするからもちっと早く代えてしまってもよかったかもしれんが、今日の運のなさを考えると監督は代えられなかったろうな……


30分、ベンゼマのコントロールショットをブッフォンがスーパーセーブ。
なんであれが届くのよ。


40分すぎ、オランダ追加点の報が届く。
これでイタリアのベスト8は決定かな。


ロスタイム、トニのミドルはやっぱり決まらず。
トニはチャンスが山ほどあったのに決めれなかったなぁ。


そして終了。ということで、なんやかんやでイタリアが勝ち点4でベスト8。


イタリアはフランスの人数が少なかったからか両サイドが激しく上下してイニシアティブを握ってましたな。ここを起点にして攻めることで、徐々には調子があがってきてはいるのだろうが、次の相手がスペインな上にピルロ&ガットゥーゾを欠くとなると厳しいだろうなぁ。


にしてもフランスはどうにも覇気ってものがあんまなかったような気がする。
なにがなんでも勝たなあかんという意気込みをそんなに感じなかったな。
posted by fool at 22:35| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/100973028

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。