2008年06月30日

【蹴】【EURO2008】ドイツvsスペイン(0-1)

両チーム慎重に入った序盤はどちらかとドイツペース。

スペインは中盤でとられるのを警戒してか、後ろからハイボールでトーレスをねらう形が多いがいまいち合わず。

ドイツはDFラインから二列目の選手に対してグラウンダーで入れてくる回数が多いんだけど、そのスピードがエラく速いのな。


前半が20分あたりからは互いの狙いの形が徐々にでてくる。
右から切り込んでのトーレスのヘッド。

ポドルスキーの突破からクロスを折り返してバラックのシュート。


そして30分、シャビから素晴らしいスルーパスからトーレスがラームにスピード勝負で競り勝ち先制。
いやスゴい。


これで調子が出てきたスペイン。
バラックが長いこと治療してたため一人多いとはいえ、ボール回しにリズムがでてくる。



ドイツは後半開始からラームに代えてヤンセン。ちと意外。今更ながらに守備力の低さが気になったのか?
とはいえ、負けてる状況でラームの攻撃力を捨てるのはもったいない気がするんだがね……


15分、ヒッツルスペルガーを削ってクラニーを投入。


20分、セスクに代えてシャビ・アロンソ。ボランチを増やしてドイツの二列目をケアしたいってところかな。


次いで、シルバに代えてカソレラ。
守りにきてる……ってことだよな。
ちょっと早くないか?


30分、トーレスに代えてグイサ。
これは単純に疲労だろうな。
一方のドイツはクローゼに代えてゴメス。
そういやクローゼはあんまり出てこなかったな。クローゼうんぬんではなくて、そこまでいく機会がそんなになかったって感じかな。


これで互いに交代は終了。
が、ドイツはスペインのリズムを止められず。
負けているにも関わらず圧力をかけることができない。むしろ、中途半端な位置で奪われ、決定的な二点目を入れられないのが不思議なくらいにズタズタにされてしまう。


けっきょくドイツは最後にパワーに出ることすら許されないままにタイムアップ。


いやー強いな。
今のスペインに先制されると苦しいだろうね。いなすパスワークからボールを奪って逆転できるチームがいくつあることやら。


というワケでEUROもこれで終了。
posted by fool at 08:52| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。