2008年06月30日

【本】月の扉(石持浅海)

ジャンルとしてはたぶんミステリー。

たぶんとつけたのはかなり特殊な設定だったので。

密室で人が死ぬといういかにもミステリーな状態ができあがるのだが、それが発生した状況がハイジャックされた(正確にはハイジャックした、だが)飛行機のトイレというここだけ取り上げるとかなりイカれた設定。

だが実際に見てみるとなるほど密室を作り上げる条件として成り立っているどころか二重密室になっている見事さ。

で、まあ上記した通りハイジャックが絡んでくるので、それに伴うストーリーやらそもそもの原因となった「師匠」にまつわるSFか?と思わせる話など、なんつーか欲張りすぎとも思える題材群をうまく消化してるなというのが感想。



ただ、最近読んだ本に比べると主義主張めいたものは何にもなかったような気がします。

要するにこういうネタで書いてみたかったってことなのかなぁと。
posted by fool at 18:58| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101881731

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。