2008年07月26日

【蹴】【J1 第19節】川崎vs名古屋(1-1)

080726_1745~0002.jpg080726_1901~0001.jpg

出足がよかったのは川崎。

が、名古屋のカウンターが一閃。
抜け出た球に対して、マギヌンと寺田の競り合いかと思いきやマギヌンがあっさりと浮き球をボレーでゴール。
どちらかというと寺田のボールだったなと思ってたら、ゴール後に寺田が崩れ落ちとる。
どうやら足をやっちまった模様。それで競り合えなかったのかな。

寺田はそれで交代。
横山IN


川崎は憲剛がどうにもいまいち。
中長距離パスの精度がいまいちでラインを割る回数が多い。

名古屋はDF陣が鉄壁。ミドルを撃たれそうになっても、楢崎さんの手は煩わせませんよ!とばかりに防波堤となり、ドリブルでのつっかけには複数で囲んで奪い取る。

川崎はそれならばとサイドに展開するが、そこからのクロスに対してターゲットがテセぐらいしかいないので、増川・バヤの壁を破れない。
そうなると中央をぶち抜くしかないのだが、ちょっと厳しい。たまにワンタッチで繋げた時に抜けそうになるぐらい。


手詰まり感を出しつつハーフタイム。



なんとヒデキ登場。
スゴい盛り上がり。
一曲でここまで盛り上げられるのはスゴいことだと素直に感心。名古屋サポも一緒にノリノリだった。


後半。
攻め方を変えるかなと思ったが、川崎はあくまで中央からゴリゴリ。
サイドからの展開がないからいくしかない……のだが、がっちり固められて打つ手がないなぁ。


と思ってたが、なんとけっきょくそこをごり押しでこじ開けてしまう。


中央から出たスルーパスにテセが反応してシュート。楢崎が神セーブを見せるも、こぼれ球はヴィトールの足下へ。
きっちりと枠へ流し込んで2試合連続ゴール。


その後勢いに乗るかと思われたが、どうにもパワーがあがらない。暑いせいなのかな?

特に憲剛が持ち直したのだが、山岸が全体的に彼の日ではなかった。
ポジションどりはいいのだが、ボールをもらってからがさっぱり。



22分、両チームともに動く。
川崎はテセに代えてガナハ。単純な高さでは無理ってことに気がついたのかな?
名古屋は吉村に代えて米山。ボランチの運動量を確保といったところか。


25分、玉田に代えて杉本。
そういえばあんまり玉ちゃんは動けてなかったな。代わりにヨンセンが下がりまくってた。


30分、名古屋サポが声を振り絞る。
スゴい。
サポの力で流れを持ってこようとするのがわかる。
しかもこの時間帯。
力にならないワケがない。


が、流れをつかむまではいけない名古屋。40分、マギヌンに代えて山口。
どゆこと?
アウェイだからドローも辞さないってことか?


43分、山岸に代えて黒津。前に残らせての3トップ。これは予想通り。ちょっと遅いぐらいかな。


が、その直後に名古屋チャンス。サイドからのクロスを川島がはじいてしまい、それのこぼれ球をシュートされるも、DFがライン際でかろうじてブロック。


その後は互いにオープンな攻め合いになるもゴールは生まれずにドロー。


……なんていうか非常に評価しづらい試合。単純な決定機の数ならば川崎の方が多かったと思うが、それは中央からゴリゴリいった結果。
これをどうとるか。Jレベルならゴリゴリでもぶち破れるだけの力を持っているということなのか、単に他に攻め手を持たないだけなのか。

名古屋は一点とった後に追加点をねらっていつも通り押し上げていたが、今日のような気温湿度ならばもう少し押さえ気味にしてゲームコントロールしてもよかったんじゃないかな?

ま、うちとしてはドローという願ってもない結果でしたが。

レフリーは柏原さん
いまいち。なーんか統一感がなかった気がする。後はそこに立ってたら、展開の邪魔だろうってところに数回立ってた。

後は終わらせ方が激しく微妙だった。
あのタイミングで終わらせるのであればもうワンテンボ前で終わらせた方がみんなすっきりでしたよ……
posted by fool at 22:48| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。