2008年10月26日

【蹴】【J1 第30節】FC東京vs鹿島(3-2)

今季も残すところあと5節。
昨日の試合で名古屋がドロー、大分が敗戦と足踏みしてくれた中での一戦。
こいつを勝てると優勝までぐっと近づくことができる。


開始前。
今日のコールは全体的にいまいち。なんか流れなく片っ端からやってるだけに聞こえた。
伊野波コールがあったのはよいね。

んで、中後に新しいコール。
これまただせぇな……お経かよ。


もうちょっとはじけるような感じにはできなかったのかな。
本山のはかっこいいのに。



序盤はどちらもよい出足。鹿島はちょっとミスが多いかな。


15分、石川クロスから平山がドンぴしゃヘッドも曽ヶ端の正面。こらイカン。



20分エリアすぐ外でボールを受け、反転して前を向いた興梠が倒される。
得たFKは中後が蹴るも枠外。
興梠はちょっとしんどそうだったか、平気みたいで一安心。

この辺から鹿島の時間が長くなり始める。


が、FC東京も右サイドを中心に反抗。
ムービングフットボールの片鱗を見せ、美しい流れから石川が抜け出すも、曽ヶ端が1対1でセーブ。
う〜ん。一点ものでした。


この後ぐらいからはFC東京の時間。
鹿島はボールを奪っても自分らのミスで簡単に失ってしまう。
ちょっと落ち着かせたい。
こういう時に起点としての小笠原がいないことを痛感させられる。
ダニーロならできそうなんだけど……
そういやダニーロ最近触ってないな。


40分、本山が蹴っ飛ばされるも誰もみてなかったのでノーファウル。



けっきょく前半は流れを引き戻せないまま終了。失点しなかったことをヨシとするしかないかな。



前半はどちらも相手の時間帯にきっちりと締めていた印象。
ちょっと気になってた点としてはアツトとカボレのマッチアップが危なっかしいながらも、ことごとくアツトが勝利していること。
一回でも負けたら決定機なだけにがんばってほしい。


後半。
本山に代えてマルシ。さっきの怪我かな?

立ち上がりは鹿島の時間帯。

これを凌いだFC東京は10分、CKからカボレがヘッド。曽ヶ端の手に当たるもゴール。
まあこういう交互に流れがくる日は得てして、流れが来ていない時間帯に点が入るもんだ……


前回対戦時は先制されるも、興梠・ダニーロの途中投入で逆転勝ち。
今回はその両切り札は既にフィールド。
どうする?
……なんて思ってたら、15分、マルシが粘ってあげたクロスに興梠が体ごと飛び込んで同点。ステキすぎる。

20分、石川に代えて鈴木達也。
かなりイヤな選手だったのに何でだ?


ふと気がついたが伊野波がボールを持った時のFC東京サポのブーイングがすごい。そんなに嫌いになったんか。


30分ぐらいからFC東京の足が止まりはじめる。駆け回ってるのは鈴木達也と羽生ぐらい。

が、32分、カボレがアツトを交わしてあげたグラウンダクロスに複数選手が飛び込みネットが揺れる。長友のゴール。

う〜ん。ついに抜かれちゃったか。
押し気味だっただけにもったいない。



その直後、羽生に代えて大竹。
守りにはいかねーぞってことか?


対するダニーロに代えて田代。


が、37分。
またしてもFC東京の右からやられる。
カボレがあげたボールに大竹が飛び込みゴール。ん〜采配ズバリじゃないですか。


鹿島は最後の札を出す。中後に代えてチカシ。


そして40分、守りを固めたFC東京を田代がこじ開ける。
左で作ったボールを真ん中からエリア内右へ入れて田代がゴール。後一点。
スタジアム盛り上がりすぎ。

FC東京はカボレに代えて赤嶺。
高さ要員か?


ロスタイムは3分。
なにが起こるかわからない時間帯。
帰るヤツとかバカじゃね?


が、奇跡は起こらず。名古屋大分にお付き合い。
むー。

まあ下を向く内容ではないし、これだけ負け数があってもまだ首位なのも事実。
次だ次。



レフリーは村上氏。
あんまり聞いたことない名前だな。

でも個人的にはノイズが少ないよいレフリーさんだと思いましたわ。


J2は上位対決で仙台がセレッソに、山形が湘南にそれぞれ勝利。
これで昇格圏内は決まりかなぁ。
後は自動か入れ替え戦か。
posted by fool at 16:07| ☔| Comment(1) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
×そんなに嫌いになったんか。
○もともと嫌い

なぜ嫌いかというとー、ま、簡単にいうと、東京暗黒時代の象徴なんだね。負の象徴というか。
迷いが多く消極的(まぁうちの戦術がないのが悪いんだけどさ)、あげくラフプレーで退場ばっかしてたから。
何度、イノハに試合を壊されたか!!
カードもらったあとの、舌を出す表情も嫌い!
ユーティリティプレイヤーとか言われてたけど、結局どこも中途半端で、鹿島さんが買ってくれると聞いた時は天にも昇るような気持ちでしたよ。
ほとんどのサポが奴がいなくなることに安堵してたけど、あれほど、惜しまれなかった選手も珍しいよ。
で、それで終わるかと思えば、入団会見で「昔から好きだった鹿島にこれて嬉しい」と。
だったら最初から行け!と。(確か新入団のときは、鹿島も声をかけてたはず)
どんな選手でも、在籍してくれればそれなりに愛着わくものだけど、イノハだけは2年もいたのになじまなかったね〜。
いたときから、浮いてたというか。
いまだに気が強いのか弱いのかすらさっぱりわからん。
わからん、わからんで試合を壊す選手。
嫌われてもしゃーない。

Posted by えねおす at 2008年10月26日 20:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/108636420

この記事へのトラックバック

スッキリ♪
Excerpt: ちょw 山ちゃんに教えてもらったとこウマすぎwwww そらロレックス買えるわなって話(^^; 試しにやってみたんだけどさ、初めてなのに5万貰えたわwwwww http://5tQc32y2.sefr..
Weblog: ねつら
Tracked: 2008-12-06 18:45
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。