2008年12月09日

【旅】北海道[その2]

081206_1306~0001.jpg081206_1327~0001.jpg試合については簡素に。


不思議なフォルムの札幌ドーム。
入場を席ではなくサポでわけとる。
意味がわからん。


開始前。
マックスボリュームが超汚い。こんな汚いマックスボリュームは初めてだ。

盛り上げの一環としてだろうが、コンサの今季のゴールシーンが流れる。
……ダヴィばっか。
しかもそのダヴィもミドルかセットプレーからばかり。
少なくともドリブルで切れ込んでフィニッシュという形は持っていないっぽいね。
ってことは、ボールをもたれても、きちんと寄せつつフォローがいれば問題ない相手とみた。


試合。
立ち上がり、札幌の出足がよく押し込まれる。
とはいえ、元からの指示なのか選手の判断かはわからないが、その時間帯はセーフティにロングボールを使用することでシュートまではいかさない。
そうこうしているうちに野沢がミドル。
なんか変な感じに振り抜いたなと思ったらそのままゴール。
踊るかなぁ?と思ったら、監督の元へまっしぐら。


ダヴィは予想通りだった。
個人的にはFC東京のカボレの方がイヤだったな。
ただ札幌はダヴィに仕事をさせすぎ。
ソガがキックする時はダヴィが中盤に下がってターゲットと競り合わせるのはいかなものかと。
そこで競り勝っても前へ行くのに時間がかかっちゃうのに……
ちなみにその競り合いでは青木がよくがんばってた。


逆に好印象だったのは右サイドの藤田とFWの砂川。
小回りが利くタイプでボールを持てばイバに積極的につっかけてクロス。守りでもフォアチェックを欠かさない運動量でかなりイヤだった。

後半。
ホームでしかも負けているのにブロックを作ったままボールを取りにこない札幌。
鹿島は勝ってるのだから、無理する必要はどこにもなくDFラインで左右にボールを動かす。
明らかに白ける観客。

う〜ん。前半の勢いはどこにいっちゃったんだろ。

それでも時折中央にくさびをいれて、攻め手をうかがう鹿島。
……ほっときゃいいのに。


後半の中盤以降はさすがに前に来るようにはなったが、怖かったのはポストを直撃したミドルぐらい。
あのミドルはなんで見切ったんだろ……
チカシ、田代、船山を投入し、しっかりと逃げきって終了。
時間稼ぐよりもふつうに点が取れそうな気がしたけどね。


なんかうれしいというよりもホッとしたって気持ちの方が大きかったな。
先週の勝ちでほぼ決まりだったのと、札幌の後半のやる気のなさのせいだな。

あ、あと終了間際のコールがかなりグダグダだった。その中で鹿島コールが自然発生したのはすごくよかった。


優勝セレモニー。
去年は掲げることができなかったシャーレ。
いやーキラキラしとるな。


セレモニー後、鹿島サポからコンサドーレコール。
応答でコンササポから鹿島コール。

池内コールもしてあげようよ。


コンサドーレのセレモニーはみることなく撤収。

なんか後援会が選ぶ年間MVPってのがあるみたいね。帰国中のクライトンでしたが。
そういや鹿島にはないな。


簡素なはずが長くなったので……つづく!
posted by fool at 09:09| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。