2009年03月18日

【蹴】【ACL第2節】鹿島vs上海(2-0)

イバさんと興梠がベンチからもはずれ、スタメンには大迫とパク。
田代かと思ってただけに、大迫抜擢はちょっとびっくり。

大迫は今季まず最初のチャンスやね。


もうひとつ驚いたのはベンチに大道がいたこと。
船山かと思ってただけに、この起用はびっくり。……でも何要員なんだろ?


15分、小笠原の縦へのスルーに大迫が飛び出すもシュートは枠の外。惜しい飛び出しだった。

ふと気がついたけど、小笠原の背番号は今季はACLも40なのね。
去年は番号がでかすぎて使えないって話だった気がするんだけど、ルールが変わったのかな?


マルキが下がってくる頻度がいつもより高目。入れ代わで野沢が頻繁に前へ。
ダニーロはよくも悪くも運動量はいつも通り。



すべてが小笠原経由。
帰ってくるとやっぱりわかるね。いるといないとでは大違いだわ。


29分、久々に上海の攻め。
鹿島の右サイドからのクロスに岩政がクリアミス。
そのボールに上海DFがつめるも曽ヶ端が神セーブ。
そのこぼれ球もなんとか枠の外。
決定機そのものだった……


流れは悪くない。
決定機はなかなか作れないけども、水原戦や新潟戦に比べれば、全然戦えてる。
パクもイバと遜色ない。
ぶっちゃけダニーロにはちょっと不満だけど、そこはあきらめるしかない。
大迫はなかなかボールに絡めないけども、さわったら何かをしてくれそうな気配はみせてる。

43分、センターライン付近の青木から前線の大迫に一気のくさび。それをドリブルしつつ、左で空いていた野沢へ。
GKが出てくるもうまくタイミングをずらしてゴールへ。
野沢のシュートもうまかったが、大迫のアシストはかなり見事。
ふつうに出したタイミングがわからなかった……


後半開始早々。
CKのこぼれ球から青木のクロスをGKがはじいたところにマルキがつめるも、シュートはGKがナイスセーブ。


さらに7分、高い上海のラインをついて、マルキから大迫へスルーパス。
興梠なら!とも思ったけども、位置関係を考えたら追いついただけでも充分かな。


直後、ボランチのパスから一気にいかれるも曽ヶ端がまたしても神セーブ。というか正面で助かっただけ。
今のはかなり危険だった。


マルキ、ダニーロ、パクで左サイドを完全に掌握。
代わりに右でアツトが暇そう。


15分あたりから上海が簡単に鹿島ゴール前へ上げてくるようになる。
いつの間にかDFのトイも前線におる。
パワープレーにでるの早くね?
が、23分そのトイが二枚目の警告で退場。

これにより大岩が準備をしていたらしいがキャンセル。
いったい誰と代えるつもりだったんだろう?


上海が荒れてきた。
……怪我しなきゃいいけど。

って思ってたら、ダニーロが負傷。代わりに田代がIN。
う〜ん。あくまで高さ要員か。


そんな中、その時がついに訪れる。
35分、伊野波の適当に見える縦パスにマルキが反応。左サイドでDFを振り切り、真ん中へ折り返すと待っていたのは大迫。ふかしそうになりながらもゴール。
素晴らしい。

それを置き土産に大迫はチカシと交代。

ホントにラストチャンスだったのか……


そんなチカシは惜しいチャンスもあったが……

40分、マルキに代えて竜太。

最終的には竜太、田代の2トップにチカシ、野沢の二列目かな。


44分、カウンターからアツトが長駆し、絶妙なクロスをあげるも竜太が絶妙に外してしまう(>_<)
あれは決めないと!


けっきょく追加点は取れなかったけども、試合はそのまま終了。

とにかく戦う気持ちが伝わってくるよい試合だった。
解説の鹿島大好き名波さんも言っていたが、勝ち点3というのも大事だけども、それ以上にこの先戦っていくための気持ち・プライド・矜持を取り戻すために大きな勝利だった。



今日の観戦のお供はBECKSとJEVER。ドイツビールコンビ。
BECKSの方が好みかなぁ。
posted by fool at 20:53| ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ファンになっちゃいました。価格比較に関するサイトを運営していますので、よかったらいらしてください。
Posted by のぞみ at 2009年03月19日 11:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/115863228

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。