2006年01月17日

青葉くんとウチュウ・ジン(松野秋鳴 MF文庫J)

面白かった面白くなかったという前に文章がへたくそだった。
なんとなく買った本だからあんまり面白さは期待してはいなかったのだが、
もう少しどうにかならなかったのだろうか?
posted by fool at 19:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。