2006年04月21日

邪馬台国はどこですか? (鯨統一郎) 創元推理文庫

あんまり読んだことのない歴史ミステリというカテゴリの小説。
といっても、解説によるとこの本は歴史ミステリの中でもだいぶ異端児らしい。

内容としては邪馬台国の場所などに対して独自の説を主張しているってことなのかな?
いまいちどういうスタンスで読んでいけばいいのかわからなかったが、
とにかく読みやすくそのある意味とんでもな説を信じてしまいそうになってしまうだけの説得力がありました。

(一応)カトリック学校出身者としては、キリストの話は結構興味深くて面白かったです。

続編(といっていいのかはわからないが)として、世界の謎編も出てるみたいなのでそのうち読んでみようかと思う。
posted by fool at 01:37| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。