2005年02月03日

豆の知識

今日は節分。
ということで、ちょっとためになる節分についてのお話。

節分というのは本来、季節の分かれ目のことで、立春・立夏・立秋・立冬の前日のことをいいますが、
旧暦では「立春正月」などといい、一年の始まりを立春付近に求めたことから、
その前日は年の最後の日という他の節分よりも特別な意味合いを持ち、今では一般に「節分」といえば春の節分を指すものとなっています

(旧暦でも本当は「立春」が必ず正月にあるわけではありません。要注意)


また、立春を新年と考えれば節分は大晦日に相当し、
そのために、年神様が来る前に、前年の邪気を全て祓ってしまうための追儺(ついな)の行事が行われます。
その代表が「豆まき」です。


●豆まきの元祖は?

この「鬼は外」については、中国から渡来し宮中で行われていた「追儺」の行事と
寺社が邪気をはらうために行った「豆打ち」の儀式が
江戸時代に融合したものだといわれます。

追儺は「弓矢などで悪鬼、厄神などの免疫をもたらす悪霊を追い払う行事」のことで、
豆打ちは本来は散米やうちまきと名づけられた
下級の精霊たちを供養する意味の神事儀礼」のことです。


☆豆まきでは、年男あるいは一家の主人が「福は内、鬼は外」といいながら
煎った大豆をまき、皆で自分の年の数だけ豆を食べると
1年病気にならないと言われています。


●なぜ大豆なのか?

さて、この大豆ですが、当たり前のことですが硬いです。(煎る前ですよ。)
硬いものというのは、五行の中(木火土金水)では「金」に属します。
この大豆は最初煎ることによって
「火」気にあてられ、「火剋金」の原理で剋された上に、
「鬼は外」といって外にまかれて捨てられたり、
「福は内」といってまかれてから人々に食べられたりして、
要するに豆はみんな「やっつけられてしまいます」。
(五行について分からない人はそういうもんだと思ってください。
オレにはそういうもんだという以外に上手く説明できません。)

そもそも古来より疫病や災厄というのも金気に属するものと考えられていました。

ですから豆というのは実は鬼をやっつける道具でありながらも
実は鬼そのものでもあるわけで、豆まきというのは邪気を祓うとともに、
「金」の気を剋することで「金剋木」で金気に剋されるはずの「木」の気、
つまり春の気を助ける行事、つまり春を呼ぶ行事でもあるわけです。


●ヤイカガシ

節分の日の風習としては豆まきのほかにヤイカガシとよばれるものもあります。

ヤイカガシは鰯(イワシ)の頭をヒイラギの枝に刺したものに
豆がらを添えたものを戸口につけておく風習です。
他にもこれににんにくやネギなどを加える地方もあるそうです。

これは葉のトゲと悪臭を発するもの、音を発するものを置くことにより、
農耕の害虫を封じる一種の呪術であるとか、邪気が家に入るのを防ぐためとか云われています。

まあ、「虫」も「邪気」も悪臭は苦手ということなのでしょうか。



●珍しい風習

○「鬼も内?」
「○鬼」などのように鬼が名字に入る家では、「鬼は外、福は内」ではなく
「鬼は内、福は内」ということがあるそうです。
実際のところはどうなのでしょうか?。
知り合いに鬼のつく名前の人がいないので分かりませんが、
もし知り合うことがあったら、一度聞いてみたいものです。

○鬼の行方?
群馬県の鬼石町というところは「全国から閉め出された鬼を迎えてくれる町」だそうです。
鬼の方は覚えておかれてはいかがでしょう?

○鬼の行方?2
奈良県の吉野、蔵王堂というところの節分会は「福は内、鬼も内」と唱え、
全国から追い払われた鬼を救い、仏門に帰依させる行事だそうです。

吉野山はその昔、役小角によって開かれた山岳修験の聖地。
役の行者に従って山に入った前鬼・後鬼が山に残り、今もその子孫と称する人々が住むとか。
そうしたことから来ているのでしょうか。


●伝承としての豆まき
宇多天皇の昔、鞍馬山の奥の僧正谷というところに
住んでいた鬼神が都に乱入しようとしたので、
三石三斗の豆を煎って、鬼の目をつぶして災厄をのがれたということがはじまり。


【関連する記事】
posted by fool at 20:21| ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 雑学? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
変わった風習といえば、
北海道は大豆じゃなくて落花生をまきますよ。
外にまいても雪から拾って食べられるからとか
言われています。
食べる数は、殻も含めたもの(二個一?)か
中身の数を数えるのかは論議になったりします。
Posted by 元古川電工ファソ at 2005年02月05日 13:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。