2005年03月05日


人生の川幅は広い方がいい

――荒保宏<絶望に効く薬(山田玲司)より>



『人生の川幅』(=『自分の興味のあること・やりたいこと』)が狭いと、
それができなくなったりダメになったらどこへもいけなくなってしまうということ。

やりたいことがひとつしかないとそれをあきらめないといけなくなったときに、どうしていいかわからなくなる。
だけど、それがいくつもあったらひとつぐらいなら大丈夫とココロに余裕が生まれる。
それが逆にそのことを成功に導くかもしれませんしね。

もちろんひとつのことを一途にやり遂げることを非難しているわけじゃないですし、その二つは相反することだとは思いません。

posted by fool at 00:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 言の葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。