2005年07月30日

犯人のいない殺人の夜【東野圭吾】

最初の『小さな故意の物語』
既視感を通り越してなぜか内容(結末まで)を知っていた。
なので、もしかしたらウチにあるのを忘れて買ってしまったのか!
と思いきや、知っていたのは最初のこれだけ。
なんで知ってたんだろ?

あとは初見だった。おかげて表題作では豪快にだまされた。

やっぱりこのヒトの本は外れはないわ。
時間をつぶすのには最適やね。
posted by fool at 01:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5757022

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。