2005年08月31日

眠り姫(貴子潤一郎)


彼女は『眠り姫』と呼ばれていた
成績優秀で美人だった彼女の唯一の欠点である“居眠り”癖を、同級生たちがからかい半分で付けた渾名だ。
そのことに拗ねる彼女の顔がまた可愛らしく、私はさらに「姫、姫」と意地悪をした。
そんなたわいもない、しかし幸せな日常を私は楽しんでいた。そして彼女との日々がいつまでも続くものと思っていた――。
彼女が、本当に『眠り姫』になってしまうまでは……。




二作目。だけども短編集。
新人作家の二作目が短編集ってのは珍しいような気がする。
まあこんな話がかけますよ〜という見本みたいなものだろうか。

『水たちがあばれる』なんかはこの人らしいかなと。

逆にベロニカもエスクードもあんな感じだったので
後半の探偵真木のような、こういう普通な探偵ものも書けるんだと思いましたが多分長編にはなりえない作品でしょう。
でも短編をまとめたりしてこれだけで一冊普通に出せばいいのにとは思う。多分買うし。

posted by fool at 23:12| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6425015

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。