2005年09月15日

電波的な彼女 幸福ゲーム

無差別イジメに巻き込まれたジュウ。
次第にエスカレートしていく嫌がらせに苛立ちが募るなか、
雨の妹、光も被害に遭っていると知り、ジュウはついに犯人探しを始める。
雨たちの協力を得ながら突き止めたのは、ある奇妙な集団。
その集団を統べる不可解な行動理念に翻弄されジュウは絶体絶命の危機に……!?


完全にお気に入りな作品のひとつになった電波的な彼女。
最初に手にとったときに不審がって本棚に戻さなくてよかった。
というわけで、もう3作目です。
相変わらず救いがない事件ばっかというか
今回は自分ルールにおいて絶対に間違っていないと思い込んでいるのが相手。
悪いことをしている気すらないという意味において前2作よりもたちが悪いかも。

なんかちょうど読んでいた時期に現実のニュースでやっていた自殺サイトの管理人による殺人もあんまり変わらないというか
この作品の中に出てきてもおかしくないと思えるあたり現実が病んでいるのか、この作品が秀逸なのか……。



ジュウの思考がココロに刺さる
常に今の自分の立ち位置を確認しては世界(not世間)を知り、自分の分相応を知ろうとする。
いつかは離れていくだろうと。今だけだろうと。
それが凄く切ない。でも共感はできてしまう。。。




このシリーズは扱う題材が題材なだけに続けていくのもきっと大変だろうけどもがんばってほしいです。
posted by fool at 00:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。