2004年10月10日

1回きりのウッポンの時間、彼女たちは好きな人とおどりたい

めちゃイケSP


秋の特番ということで、今回のSPは27時間に続いてまたしてもな中間テストと氣志團がゲストの数取団の二本立て。

テストは今回で通算6回目になるわけども、今回選ばれたゲストを見てるとそろそろ限界なのかなとも思えたり。

まあなんだかんだでしっかりと面白く出来上がっているのが不思議ですけど。


で、そんなゲストたちですが……

叶姉妹

久々にきちんと見ました。的な叶姉妹でしたが美香(妹)の方が綺麗だな。

どうでもいいことですが、この姉妹って妹がいつも姉に気を使いまくっているのが気の毒に見える。

最後の結果発表でも姉よりも上位の3位になったときに妹が素直に喜べてなかったのが印象的でした。


・宍戸江利花(アジャコング)

ずっと笑っているのが非常に印象的でした。

それでも意外な(失礼)な成績上位と出オチという必要最低限の仕事をこなしていました。


・千秋

いつもどおりの力を発揮していたといえるでしょう。


・森三中

森三中は彼女らがどうというよりも、ここで3人も枠を使ってしまったことがもったいない。

彼女らのところに最近よくでてるピンの芸人(青木さやかとか友近)を入れた方がオモシロかったんじゃないかね。

あの中に放り込むには基盤がしっかりしてなさすぎるし、ポジションの落としどころも微妙だった。


・小池栄子

小池栄子は大活躍でしたね。まさにMVP。彼女で二時間もったといっても過言ではないぐらいの働き。

怒りから泣き顔・エロ分供給と制作側にとっては非常に使いやすい存在であることを存分にアピールできたことでしょう。


・若槻千夏

若槻は最終的にはバカ供給所としてにがんばったけども、途中でもう少しできる(もちろん笑いで)かと思ってたけど、今イチ。

ただのバカ要員なだけだったか……。最初は色気要員かとも思ったけどなぜかずっとジャージだったし。

最後の




「わたしバカマンじゃありません!」


 




「わたし、ヤリマンです!!」


という流れは非常にキレイでした。





・松野明美

ナイナイと割とよく絡むけど個人的には嫌い。はっきり言ってしまえばイラネ。

なのでほぼ早送り。

というかウザさが持ち味のこの人を、どちらかというときっちりかっちりしているこの企画に呼ぶこと自体がかなりチャレンジャブルなことだと思う。


麻木光浦は笑い要員じゃないからどうでもいいや。

めちゃイケからは紗理奈も出しておけばよかったのに。


 


氣志團の方はあまり面白くなかったかな。まあ見せ方は上手いなぁとは思いましたが。

というか最近はゲストばかりなので全体的に低調気味?


 


そういえば、今田耕司が出るとか書いてたかま騒ぎは存在自体がなかったな。

まあめちゃイケだしな。





posted by fool at 15:13| Comment(0) | TrackBack(0) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/778217

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。