2005年10月10日

プライマー

エンジニアのアーロンとエイブは、仲間とともにオリジナル製品の開発を行っているが、
ビジネスに結びつかず苛立つ日々を送っている。そんな時、エイブが画期的な装置を思いつく。
仲間の反対を押し切り、アーロンとエイブはこの装置の実験に乗り出すが、その途中で思いがけず、
タイムトラベル装置を生み出してしまう。ふたりは過去に戻り、株で大金を手に入れようとするが、
自分の分身に遭遇したことから、やがて未来がゆがみ始める。


先日、美容室で髪を切っている最中に読んでた雑誌にたまたま紹介されていた映画です。
一風変わった時間系SFらしく、これはぜひ見ておかなければ!というわけで、のこのこと渋谷まで行ってきた訳です。

とにかく、まずこの映画は複雑。
今出ている登場人物がどこの誰なのか?というのがはっきりしない。
(言っている意味がわからないだろうが、映画をみればすぐにわかると思う。)

そしてそれが映画の中で直接的に明示されることはないので、自分である程度考えないといけないのが、逆にちょっと楽しかったりもする。

話そのものにはなんとかついてはいけたと思うが、それでも何回か観ないと全部は把握できないと思う。
ただ問題はライズエックス(ここでしかやっていない)で何回も観たいと思わない(1800円にしては観づらい)から、DVDになるのを待ちかな?



にしても、この映画では、時間を戻るのが大変そうなことといったら!
最近みたのがサマータイムマシンブルースってのがあるせいかもしれない(サマーはかつてないほどお手軽だった)けども、この映画の戻り方は今までの時間系中でもかなり大変な部類に入るだろうと思う。

簡単に言えば、戻りたい時間分だけある装置(それもそうとう窮屈)の中で酸素ボンベを抱えてすごさないといけないのだから。
それにタイムマシンとしては過去にしかいけないって欠点もあるし(そういう点では夏への扉にも似てる)

posted by fool at 00:00| 🌁| Comment(1) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ごめんな。なんか、指だけ特別扱いみたいで気分悪かったんだよ 栞は欲しいな
Posted by 麻美由?動?無料 at 2013年07月07日 15:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

タイムトラベル
Excerpt: タイムトラベルタイムトラベル(''Time travel'')とは、通常の時間の流れから独立して過去や未来へ移動すること。一般にサイエンス・フィクション|SFのネタにのみ考えられがちであるが、物理学の..
Weblog: SF倶楽部(アニメからハードSFまで)
Tracked: 2005-12-06 22:58
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。