2009年07月29日

【蹴】【ナビスコ杯準々決勝 2ndleg】川崎vs鹿島(3-0)

早い時間に帰るとうるさい上司がいない隙に脱出。


ひさびさに自分のゆっくりした時間な気がする。


そんなこんなでナビスコ杯準々決勝2ndleg。
1stlegが鹿島の1-0だったので、鹿島は負けなければOK。
仮に二点取られていても、一点取れば勝ち抜けという状況。


今季はなんやかんやと点は取れているの、失点に気をつければいけるはず。



試合。
川崎のスタメンには矢島と山岸が。テセよりも矢島なのか後から圧力を高めるための布陣なのか。山岸は前回対戦時もスタメンだったな。ハーフで交代だったが……


矢島の動きがいい。
高さもスピードもあってたちが悪い。


鹿島の選手の何人かにルーズなボールに対して、アバウトな対応が見える……ダメだよ。


川崎は前からボールを取りにくるという感じではない。点は必要だが、それ以上に失点はしたくないといったところか。


10分、鹿島のカウンター。
マルキが左から攻め上がるもクリアされる。
押し上げが少なかったのは、あげれなかったのか、自重しているのか……


14分、悪い形で取られて裏へ一発だされるも合わず。
憲剛の諦めも早かった気がするあたり、ピッチ上はけっこうしんどいのかな。


15分、コロが抜け出して、川島よりも先に触るが、転がったボールは枠の外。


20分、鹿島のFK。
スルスルとフリーになった岩政にドンピシャでで合うが、川島がスーパーセーブ。


アツトやイバが高い位置でフリーになっている瞬間があるが、いまいちそこべビシッとパスがでない。


25分、ロングロールに対して伊野波がバンザイ。
ジュニーニョがエリア内で粘り、こぼれ球を矢島がシュートするも枠の上。……一点ものだった。


30分、野沢のトラップが奪われ、憲剛にそのまま持ち込まれてミドル。曽ヶ端が辛うじてセーブ。
一番やっちゃダメなミス。


パスミスからカウンターを受ける回数が増えてくる。危ない傾向。


ちょっとした中断時に全員が給水。相当蒸し暑そう。


45分、川崎FKから森の攻め上がり。
こぼれ球を川崎の選手がシュートするも、アツト?が体を投げ出してブロック。危ない。いろいろ対応がルーズだった。


前半終了。
山岸と森が割と空気。

どっちも点を奪うところまではいけなかったけども、プラン通りってところかな。
鹿島はこのままでもOK。
川崎はこのままだと、どこかで無理してでも一点を取らないと行けなくなってくる。



後半。


開始早々。
ジュニーニョがエリア角からねらいすますも枠の外。


7分、小笠原からライン裏へクロス。タイミングよく飛び出した本山がダイレクトであわせるも、ギリギリ枠の上。
川島がキチンと反応していたとはいえ惜しい。


8分、ロングボールからの落としに矢島がダイレクトで高速ミドル。こちらは枠の左へ。
これは危なかった。



12分、イバからアツトへ大きくサイドチェンジ。
アツトから中のコロへ。
コロはフェイントを入れつつ、DFを振り切ってエリアへ侵入。シュートか!と思った瞬間、交差していたマルキへ優しくヒールパス。
マルキが落ち着いて狙うが、川島が神懸かり的にセーブ。
なんてことするんだ!


14分、小笠原に警告。
憲剛を引っ張った。
わからなくもないがもったいない。


20分、川崎ついに動く。
山岸に代えてレナチーニョ。
川崎はゴール正面でFK。
憲剛が狙うもギリギリ枠の上。

23分、コロと村上がエキサイト。
川崎は続けて交代。
矢島に代えてテセ。


が、テセがたてつづけにミス。ボールをおさめられない。


とはいえ、鹿島も前線でキープできないから苦しい展開。
ダニーロあたりを投入どきか?

ということで、30分、本山に代えて……中田?
お前ら、守りきるぜ!ってこてか。


直後、右サイドへ飛び出した野沢へパス。
折り返したボールに走り込んだのは中田!
が、シュートはブロックされる。
悪くはなかった。


さらに鹿島の攻め。
時間をかけつつも隙があれば一点を狙う攻め。


35分、川崎最後の交代カードは村上に代えて黒津。

対して鹿島は37分、野沢に代えてダニーロ。


が、川崎に押し込まれつづける。
憲剛の低い位置からの散らしがヒドくウザい。



40分、左サイドでダニーロとマルキが時間をかけた後、エリアへ侵入した小笠原へ。
ふわりと浮かしてDFを交わし、川島の位置をよく見て狙ったシュートは……枠の右へ。
それを外しますかorz


41分、鹿島のラストカードは田代。コロと交代。


川崎は攻めなきゃいけないが、点を取られるわけにもいけないから、4バックとボランチ寺田が前へ上がれない。
そのため中盤がぽっかりと空いてしまってる。
それでこそ川崎。


ロスタイムは4分。
テセが一人で空回り。マジで役にたってねえ。


後は鹿島の逃げ切りが勝つか川崎のパワーが勝つかの勝負。


森のクロスにフリーでテセ。
決まればすべて帳消しだったが、枠の外。


ホントにラストプレー。
エリア右からジュニーニョがシュート。
ナニがどうなっているのかわからないコースでゴール。
リプレイを見ても信じらんない。


延長戦へ。


流れは川崎。

苦しい。
鹿島はトレスボランチ+トップ下にダニーロという形。
川崎はよくわかんね。とにかくイケイケになってる。


4分、右サイドのジュニーニョからファーへクロス。
イバの向こうにいたレナチーニョがふわりとしたヘッドでゴール。

……前回から再三やられていた形で失点(*´Д`)=з


その後もガンガンくる川崎。
……負けているのに防戦一方とはこれいかに。



ここにきて青木が凡ミスを連発。どうした?ココロが折れちゃったのか?


12分、ロングボールにテセ。
伊野波が競り合いかけたがひいたため、余裕でキープされる。
前を向いたテセと伊野波の勝負になったところ、隙間からミドルをたたき込まれる。
なんじゃそら\(+×+)/



隣の鹿サポおばさんは帰っちゃったぞ。


延長後半。
とにかく二点とらないと終戦。

1分、岩政からの縦パスに上手く体を入れ替えてアツトが抜け出そうになるが、黒津に追いつかれる。
さすがにフレッシュな状態の黒津の方が超速いか。


3分、小笠原からのロングパス。
寺田のクリアミスにマルキが抜け出したのを菊池が後ろから倒して退場。

正面からのFK。
壁にぶち当たる。


残り10分。どれだけチャンスが作れるか。

6分、クリアしようとした森にレイトタックルで田代に警告。
なにやってるんだよ。


8分、アツトのクロスにファーのダニーロがヘッドも枠の上。
とにかく今日は枠に飛ばないな……



ロスタイムは2分。
オフサイドラインよりも前で待つ田代。アホ。



終了。

ACLに続いてナビスコも終戦。

ゴール裏からはブーイング。
ブーイングというほど、ひどい試合ではなかったが、それだけに気持ちが整理できないんだろうな。

ACLに続いて、勝たなきゃすべてが終わる試合(負けなければよかったのだが)を落としてしまったという結果は直視せにゃならんしな。


ま、この試合に関しては川島がよかったというのがすべてなんじゃないのかな。



あーあ┐(´ー`)┌
posted by fool at 21:41| ☁| Comment(65) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

【蹴】【ナビスコ杯準々決勝1st leg】鹿島vs川崎(-)

映画を見てからサッカーという優雅な一日。

早めに行ったおかげで、大崎のフットニックで久々に座ってみられましたわ。


……にしても、鹿島の試合とレッズの試合をおんなじ店でやるってどうなんだろ?
しかも意外にレッズサポはきてなかったし。


スタメン。
久々にイバさんが復帰。
いわゆるフルメンバがそろうのは今季初めてなんだとか。
対する川崎。
直近のリーグ戦でMQNが退場したせいで久木野がスタメン。
……けど、右SBに入るのかは不明。
寺田を下げて3バックな気もするんだけどなぁ…



開始
ホントに右SBでやんの。


序盤から鹿島のリズム。
フロンターレは90分の勝負だ!という割には前から取りにこない。
やっぱりアウェイはドローでも可というプランなんじゃないの?としか思えん。


狙われているのが鹿島の右SBの前からのアーリークロスをファーサイドへ入れての攻撃。
しかもどっちも危なっかしいことになってるとか……どうみても弱点じゃないですか?!

イバさん頑張って!



最初の決定機は川崎。
25分、やっぱり鹿島の右サイドから。
ジュニーニョにアツトが抜かれクロス。センターで伊野波に競り勝ったテセがヘッドも曽ヶ端がかろうじてはじき出す。

ちょっとリズムが悪くなってきた鹿島。フロンターレはガンガン縦パスを入れてくる。
楔が止められてないから好き放題されとる。

鹿島はちょっとしたミスを拾われてすぐにカウンターを受けてしまってる。

35分、テセに警告。
ロングパスに岩政と競り合った時に肘にはいった?
解説のヤスに誉めてるんだかよくわからない誉め言葉をもらう岩政。


どうやら今日のレフリーは接触プレーに対しては流し気味っぽい。
……なんでもかんでも流しているようにも見えるが(-.-;)


40分、フロンターレ久木野がエリア内でクリアしたボールが思いっきり自分の手にあたるも判定はノーハンド。
……故意じゃないから?



後半。山岸に代えて養父。
やな感じだな…


互いによく攻めよく守りあう展開。

10分、久木野に代えてレナチーニョ。
続け本山に代えてダニーロ。

フロンターレはいよいよ3バック?
寺田がCBに下がって、伊藤が右、村上が左っぽい。


なんだかわからんがリズムを勝手に崩しだしたフロンターレ。
というか、ポゼッションを捨ててひたすら縦に速い昔のフロンターレになってきたように見える。
……こっちの方がイヤだな。


鹿島はダニーロがいいアクセントになっている。


22分、正面からのFK。
憲剛のスーパーなシュートを曽ヶ端がスーパーなセーブ。

23分、イバさんにミドルキックを放ったレナチーニョに警告。
あまりに理解しがたいミドルキックに警告だけかよという異議でイバさんにも警告。
なんじゃそら。


立て続けに決定的なタイミングでシュートを撃たれる鹿島。
なーんか止められないんだよね……

30分、コロに代えて大迫。

左からのクロスに飛び込んだマルキが寺田に迎撃される。
直後にレナチーニョが独走しDFを振り切ってシュートも枠外。


35分、マルキに代えて田代。
意外な交代。

40分、右からのアツトのロンクスロー。ダニーロ、田代、大迫が順次競り合うもバウンドがあわず、誰もさわれなかったボールに対して大外からスゴいよ勢いで小笠原が突進&ヘッドでゴール。
この時間に先制。



フロンターレは黒津を投入。


伊野波が誰かにやられる。
負傷っぽうがもう代えられない。
とりあえずいれておくが、青木をCBにさげてる。



終了。
伊野波はどうやら一人では歩けないみたいだわ……。
だいじょうぶなのか?


何はともあれ先勝。
勝ちはしたけど紙一重だったな……
posted by fool at 20:51| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月05日

【蹴】【J1第16節】川崎vs鹿島(1-1)

17:40に着いたらAゾーンの席が一つもないとか意味不明。
立ち見しか空いていませーんって……


川崎のスタメンがけっこう予想外。前節ゴールの養父ではなく山岸がスタメン。
レナチーニョがベンチにも入らず。
鹿島はいつもどおり。

立ち上がり、ちょっと川崎が優勢。鹿島が悪いようには見えないから、様子を見ているっていう方が正しいのかな。
でもなんか判定が不安定。
つーかホームより?

オリヴェイラが前へ出てきてマルキに再三指示。
動きから推測するに、低目にブロックを作ってからって感じの指示だったのかな?


30分、川崎の波状攻撃。
そしてジュニーニョのクロスから谷口のヘッドを手でクリアしたとしてアツトが退場&PK。
う〜ん。角度的には見えなかったが、あの怒りっぷりからするとたぶん触ってないんじゃないかな……

あまりの激昂にエネルゲンを思い切り地面にたたきつけてたけど、下手したら二試合以上出場停止かも。

そこまでもいくつか理解しづらい判定があっただけに納得はできん。


右SBには本山。
いざという時のSBは本山なのか?
マルキが一列下がってきて……る?ここは流動的な感じ?


ただ、右サイドに縦への推進力が生まれない。
低い位置からつなぐことはできるが、ここだ!って時に上がってきていないのが物足りない。

とはいえ、一人少ないようには思えないぐらいの互角さ。
得点のチャンスも失点のピンチもそれなりにありつつ前半終了。


後半。
立ち上がりからしっかりとつないで攻勢を強める鹿島。
一人少ないわりにはしっかりとチャンスを作れてる。

本山がSBの位置から中へ自由に動き回っていい意味で攪乱している。変な位置でとられる危険性も高いが……


10分、テセに代えて黒津。
不満ばっか言って退場しちゃいそうだったからか?


20分、フロンターレDFの不用意なパスをマルキがカット。
ドリブルで二人を引きつけギリギリの位置でコロへパス。
パスを受けたコロは川島をもかわしてゴール。

攻勢のリズムの中で点を取れたのは大きい。
さらにのる鹿島勢。


22分、山岸に代えて田坂。
チュホに代えてイバ。
やはりイバが出てくるとスタンドが沸くし、ワクワクもする。

つないだ場合もきっちりとシュートまでもっていくし、カウンター時はちょっと無理目でも行けるところまでは行こうとする。
上手くゲームをコントロールできている。
川崎は一人多いくせになんだかバタバタしとる。


28分、本山に代えてチカシ。
さすがにお疲れさま。

対して川崎は村上に代えて矢島。当たり前だが勝ちにきた。
憲剛が一列下がったように見える。


38分、マルキに代えて中田。
試合をクローズさせようって腹かな。


残り時間、さすがに動けなくなり、前から取りにいくのはあきらめ、放り込まれたところから危ない場面はあったものの、しっかりとブロックを作り崩されたりというピンチらしいピンチはなく終了。


鹿島にしてみれば勝ちに等しいドロー。

一人少ない上に先制されたにも関わらず同点に持ち込まれちゃあ、もう勝ち目なくね?


……にしても、今日こそは等々力で勝てると思ったんだけどなぁ(*´Д`)=з
posted by fool at 22:30| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月01日

【蹴】【J1第10節】名古屋vs鹿島(0-3)

ひさびさというか今季初めての快勝。


攻められなかったわけでもないし、危ない場面もいくつかあったが、曽ヶ端のビッグセーブやこぼれ球への詰めで鹿島が上回ったことで無失点。


得点はどれも美しかった。
先制は、センターライン付近からチュホがエリア角あたりまでのロングサイドチェンジ。
アツトへピタリとあい、そこから切り込む。
短く切り込み、エリア角の本山へ。それをマルキとのワンツーで縦へ侵入し、最後は中央でフリーになっていたコロへ。
きっちりと決めて今季6点目。
イイヨイイヨ〜。


二点目は変な感じ。
チュホのパスに本山、コロが連続してスルー。マルキの足下に入り損ねるも、野沢が上手くおさえ、切り込んでシュート。
いい時間帯に追加点。

野沢のゴールも上手かったが、このゴール前の過程が綺麗かつおもしろかった。
そんなにスルーするのかよ!と。
必見。


三点目も右から。
アツト?のパスを受けた本山がミドル。
が、コロに思いっきりぶつかる。
そのこぼれ球がマルキの足下へころがり、それを思い切りたたき込んで、とどめの一撃。




なんていうか、名古屋はあんまり覇気がなかった気がする。
日程のせいによる疲労だとしたら、うちは去年からの経験が活きているってことなのかな。



フロンターレも勝った(遠藤のPKを止めるとはね…)ことで、日曜は首位決戦。

ここも勝てるとかなり大きいですぞー。
posted by fool at 23:59| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

【蹴】【J1第15節】マリノスvsガンバ(1-2)

090628_1330~01.jpgひさびさにうちとは関係ない試合を見に行ってきました。


……ホントは俊輔も見られると思ってたんだけどね(*´Д`)=з


どちらもリーグ戦の成績は芳しくない同士、特にガンバはきっちりと補強をしたにも関わらずこの体たらく。
とはいえ、ようやく加地が復帰したのでこれから上がり調子にはなるはず。
ガンバが奇跡的な攻撃力は、右:加地の攻守における高い安定感と左:安田の勢いによっていたのに、安田の確変終了と加地の負傷欠場によりバランスが崩れたせいでここまで波に乗れなかったはず…。
……うちもアツト・イバを同時に欠いた時はほとんど(まったく?)勝てないしね。
それぐらいSBは大事なんだよ。
阿部ちゃんだとか今ちゃんだとかが片手間にできるポジションじゃないんだよ!



閑話休題。
マリノスは……まあこのまま勝ったり負けたりしてシーズン終わるんじゃないの?
正直なところこの先の上積みをそんなに感じられないし。
なんというか、3歩進んで3歩戻ってるというイメージ。




で、試合。
マリノスは4-3-3といっても中盤は松田がアンカーで小椋と兵藤。
守備力と高さや機動力はありそうだけども、打開力や展開力はどうにも足りなさそう。

案の定、マリノスは小宮山が上がった時ぐらいしか点の香りがしないなと思っていたら、20分。
その小宮山が連続の切り返しで加地を抜いてクロス。
混戦になるも松田が蹴り込んでマリノスが先制。
意外。ガンバはその前の決定機を決められなかったのが痛い。
先制してしまえば布陣的にもマリノスのペース。
ところどころを破られそうにもなるけども、しっかり守ってカウンター。


途中から気がついたが、松田は全然アンカーじゃねえ。
というか確固としたアンカーをおかずに流動的に守ってやがる。なんだそれ。画期的すぎる。
だから松田が突然ガンバのDF陣に対してアタックをしかけることができる寸法。


前半終了。
加地さんは相変わらずいいクロスを上げとる。
二川は久々に見たが相変わらず後ろからのパスのトラップと反転が抜群に上手い。
後はマリノスの守備陣が軒並み高くてガンバのセットプレーから点が入りそうな気がしねぇ。

後半。
ガンバはジェジンに代えてルーカス。悪くはなかったと思うがね。高さじゃ破れそうにないから柔らかさを求めたってことか?


5分、再三の切り返しで下平が田中をぶち抜く。
前半見たのとおんなじだなぁと思っていたら、フリーで待っていた遠藤が落ち着いてゴール。

続けて9分、レアンドロが左から切れ込み、ルーカスがシュート。DFに当たってラインを割りそうになったボールをGKが必死にピッチ内に戻したら、そこに待っていたのはガンバの選手……
橋本が落ち着いてゴール。
なんだそりゃ。


15分、狩野に代えて坂田。
まあなんもしてなかったもんな。エキストラキッカーとして残してるのかと思ったわ。


20分、二川に代えて山崎。
負傷かな?
直後レアンドロが立て続けにチャンスをつかむ。
栗原がついていけていない。


25分、レアンドロがレフリーに出される。
出血かユニが裂かれたかしたんだろうが、納得がいかないレアンドロ&ベンチは大人しく出ずに一揉め。上手いね。たぶん取りに行く時間を稼ぐ意味もあったんだろうな。

ただこの辺のレフリーのコントロールはちょっと下手だったかな。


直後、小椋に代えて金。
トップにおいての放り込み要員かな。


30分、パスカットから突進した遠藤を止めて兵藤に警告。
そのFK。正面から遠藤が蹴るとあってビビるのはわかるが、負けてるんだから全員引いちゃダメだろ。


直後、兵藤に代えて長谷川。
なんでだ?


ガンバボール時に取りにいけないマリノス。
もっと追わないと。


金を入れて放り込みをするのかと思いきや、さっぱり入れてこない。
金にナニを期待して投入したの?巧みな足元からのポスト?
サイドに流れてのクロス?
……確かにいいクロスから炸裂したヘッドはポスト直撃だったが。
なーんかチグハグなんだよね。

ロスタイム、ガンバはレアンドロに代えて佐々木。


ようやく追い回し奪ったボールを放り込み始めるマリノス。
なんでロスタイムに慌てて始めるようなことが、もっと早くから始めないんだろう……



マリノスサポ。終了後はなんのコールもなし。
……それはなんに対する抗議だ?
散発的に飯倉に対するコールがあったぐらい。まあ彼は慰めてやるしかないわな。
posted by fool at 16:02| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

【蹴】【ACL ラウンド16】鹿島vsソウル(2-2)

一発勝負のラウンド16。

せっかくのホーム開催なんだから、行きたかったのだがどうにも都合がつかず、いつものように大崎のフットニックへ。


前半は鹿島は5分、ソウルは20分、DFラインへ入ってきたボールへのクリアが味方に当たって得たチャンスをどちらもきっちりと決めて1-1。
流れとしては鹿島がつないでいるところを、しっかりとブロックを作ったソウルが跳ね返してのカウンター。
まあ最近よく見る形ですな。

決定機はソウルの方が多め。
鹿島は曽ヶ端を中心にポストにバーが12、13番目の選手として懸命に跳ね返す。さすがホームだぜ!

レフリーはあたりをきっちりと取るタイプ。

どちらかというとソウルのペースなのだろうが、こういう展開になってしまった以上は鹿島はじれずに変なミスや取られ方をしないように貫くしかあるまい。



後半。早々の5分、CKから青木がヘッドでゴール。
直前に岩政が同じような形から止められていただけに非常に大きい勝ち越しゴール。
これを機にソウルがラフになってくるが、レフリーがしっかりと警告を出してくれる。

ソウルは4バックにして前へ出てくるようになる。


っておもってたら、前半と同様の20分またしても試合が動く。小笠原が二枚目の警告で退場。

すかさずコロに代えて中田。


耐えてはいたが、30分FKをたたき込まれる。同点。
ここから跳ね返す力があるかどうか……



35分、本山に代えてダニーロ。
ここから気迫をみせる選手たち。苦しい中、前への推進力もみせる。やられっぱなしではない。


ピンチもチャンスもありながらどちらも決まらず試合は延長戦へ。

延長前半。とても一人少ないとは思えないほどの攻撃をみせる鹿島。ソウルは力をためているのか力つきているのか……

10分、野沢に代えてチカシ。

ロスタイムのFKも壁で跳ね返して後半へ。


後半は一進一退。
9分、ソウルはここにきて三枚目の交代でFWを投入。
まだ残ってたのかよ。


13分、チカシのCKから中田がフリーでヘッド!
が、バー。
ここにきて裏切るのか( ̄□ ̄;)!!


そして試合はPK戦へ。

まさに死闘。
だからこそ勝たないといけなかったのに……

見ていて泣きそうになる試合ってそうそうないがこれはそういう試合。


だが結果は無情…

7人が蹴っての4-5。
orz

今季のACLはこれにて終了!!
posted by fool at 21:56| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月28日

【蹴】【キリンカップ】日本vsチリ(4-0)

アツトがスタメンじゃなくてびっくりした。
岡田監督、ちゃんと選手の状態を見極められたんだ……


なら、アツトにしろ興梠にしろなんで召集したんだ?
一応召集したってことなのか?

代わりに出場したのは駒野。
左は長友が盲腸のため今野。
相変わらず便利に使われてるな……もったいない。

せっかくチームでやってるんだから、長谷部を右SBで使ってみればいいのに。



チリはどの選手も身体の使い方が上手い。
寄せた時にかわすこともできるし、あえて身体をぶつけて相手の体勢を崩して抜き去ることも可能。


なんて思っていた20分、前線へのフィードを岡崎が粘って、上がってきた本田へ落とす。
それを一人交わしながら、強烈なロングシュート。
揺れながらのシュートをGKがはじくもつめてきていた岡崎がごっつぁんゴール。
いやーあそこからあんだけのシュートが打てるとは……



続けて23分、カウンターから。
自陣で本田が少しため、横の憲剛へ。憲剛得意の縦パスに反応したのは、中澤。
……中澤?
厳しいパスにトラップが乱れるも、さらに上がってきた岡崎の前のスペースへ絶妙なパス。
ギリギリのパスに追いつき、トラップ一発でGKの体勢を崩してゴール。

なんで中澤があのタイミングであんなとこまで上がってたんだ?絶妙なパスもスゴかったけども、そこにいたという事実の方がスゴいな。


幸先よく二点先制したとはいえ、ボールを持たれた時にサイドで後手をとりすぎ。
中盤だと割と囲めているんだけども、そこを抜けられるとあまりに脆弱。特に右サイド。
駒野が悪いのか流れてくるチリの19番が強いのか。


38分、玉田の自陣での横パスをかっさらわれて、そのまま一気にドリブル。阿部が引きつけられて、そこからパスを受けた大外でフリーになっていた選手がシュート。
激しく決定機でしたな。


40分、ちょっと前のプレーで足を痛めた玉田に代えて山田。
いやいやいやびっくり。
まさかこんな形で出番が回ってくるとはね。



ロスタイム、楢崎からのGKに岡崎が競り、こぼれ球を山田がキープしつつエリア角へ。
切り替えしてフワリとあげたボールに飛び込んだのは岡崎。
DF・GKよりも先に触ったヘッドはバーを越えてしまう。
かなり惜しかった。クロスと抜け出すタイミングがばっちりだった。


というところで前半終了。
あまり落ち着きがない試合だけども、観てる分にはかなりおもしろい。
本田が前よりも動けるようになって見える。



後半、チリはFW二人を投入。
ナニがどうなってるのかはさっぱりわからんが……

いきなり完璧なクロスと抜け出しから決定機をつかまれるも、ヘッドをありえなく外してくれるチリ11番。
いやそれは外しちゃダメだろ。

チリは11番をワントップ気味にした4-3-3かな?
前半から使えていた両サイドからの圧力を強めるってことか?

って思ってたら6分、CKで阿部が高い打点からヘッド一閃。三点目。
こんなに差がつくほどの内容ではないんだけどな……


10分、今野が前線で奪ったボールを素早く岡崎へ。
縦へ突破しようとした瞬間ものスゴいなスライディングが飛んでくる。後ろからだったので当然警告だが、しっかりと危険なところを埋めるカバーでしたな。


15分、遠藤に代えて橋本。
守りきるぜってことか?


本田がちんたらし出す。
疲れたのか?
無駄走りがかなり減ってきたように見える。


18分、カウンター一閃。
楢崎のパントキックから憲剛と岡崎が相手と二対二。
憲剛が落ち着いてGKのタイミングをすらして放ったシュートはなぜかポストを叩いてしまう……


24分、左サイドの山田から右の本田へ大きなサイドチェンジ。
そういえば、この手の大きなサイドチェンジはこの試合初めてな気がする。


25分、岡崎に代えて矢野。


31分、長谷部に代えて山口。
阿部を一列上げるのかな?
どうせなら槇野を使ってみればいいのに……


山田からの縦パス。矢野がトラップで相手を交わそうとするもファウルで止められる。
…警告じゃないんだ。退場になっちゃうから?
絶好の角度から本田が狙うもシュートは明後日の方向へ。
なんじゃそら。


37分、憲剛に代えて香川。
地元っ子だけに人気やね。


40分、香川が狭いエリアをドリブルで突破にかかるも最後の最後でボールが流れてクリアされてしまう。


さすがに互いに中盤がルーズになる。
香川、山田、矢野の三人で崩しにかかる場面が立て続けにおとずれるも、あとちょっとのところであわない。


ロスタイム。香川、矢野、山田と左から右へとつないだボールを走り込んできた本田がゴールへ流し込んで四点目。
いやーもう全然走れていないなあと思ってたら、最後の最後においしいところをもっていくな……


ということで試合終了。



チリはいい場面をいくつか作っていたんだけども、最後の精度が悪すぎ。いつぞやの日本ですか?って感じ。
とりあえず枠にとばせ。
posted by fool at 01:01| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

【蹴】【J1 第13節】ガンバ大阪vs鹿島(0-1)

フットニックに見に行ってきたんだけど……人多すぎ。

というか、いつもはいない鹿島サポの連中がうぜぇ(*´Д`)=з
なんというか調子乗りすぎ。
一緒の空間にいて恥ずかしいわ。


鹿島は小笠原の代わりに中田、興梠の代わりに大迫が久々にスタメン。
ガンバは宇佐美がリーグ初スタメン。かなり意外。


試合は…前半から鹿島がコントロール。中盤でおもしろいようにボールを奪い取れるというガンバ戦にしては珍しい展開。
ガンバは両翼がかなりいまいち。

そんな中、本山のクロスから橋本?と競り合いながらも中田がスルッとゴール。

押し気味の中できっちりと先制することができたのは大きい。
その後もガンバは時折らしさを見せるも点の匂いを感じさせることはできないまま前半終了。

後半頭から宇佐美に代えて安田。残念ながらあんまり役にはたたなかったみたい。一回だけきれいに抜け出したぐらいかな。

10分、本山に代えてチカシ。
だんだん出場時間が減ってきてるけど、大丈夫なのか?

徐々にハイペースになっていく試合。うちとしてはどっかで落ち着かせたいところ。


25分、中田に代えてまさかのダニーロ。
ここで投入して落ち着かせるわけですか!

ガンバは下平に代えてパク。
3バックに変更っぽい。
……ゼロックスの反省は??

安田や佐々木が両サイドで先手をとるも、そこからの展開がどうにも雑。

安田に対するアツトは徐々にょ止め出す。……チュホはやられっぱなしだったな。


35分、ルーカスに代えて播戸。大迫に代えて田代。


40分、ロングパスに抜け出した田代を山口が倒すが、イエロー。
いやいやいやーどうみても退場でしょ!


とはいえ、最後の放り込みもきっちりと跳ね返して久々の無失点勝利。


ガンバはよそさまながらにちょっと心配になっちゃう出来。
ナニが悪いのかがよくわからない。
posted by fool at 15:35| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

【蹴】【ACL GL第4戦】鹿島vsSAF(5-0)

試合開始に間に合うように超ダッシュで脱出したのに、新川崎に着いてみたら湘南新宿ラインが6分遅れorz

こんなにがんばったのに!ヒドい!!


で、行ってみたら大崎のフットニックで鹿島戦を見てるのはオレ一人。
まあいいけど。


今日の鹿島は珍しくスタートから3トップ。

互いにスペースを潰しちゃわないかと心配したがそういうこともなく。

25分すぎ、左サイドからイバさんのクロスにファーへ入ってきた野沢がドフリーヘッドでゴール。
前の試合の先制点と同じような形。
外から入ってくる選手に付き着れてないね。

ちなみにこの野沢のゴールが鹿島の公式戦通算1500ゴール目とのこと。



続いて、35分。
小笠原のサイドチェンジからイバさんがクロス。はじかれたボールに対して小笠原がミドル。
それるコースだったが、たまたまいた興梠がコースを変えてゴール。


そんなこんなで前半終了。
前回みたいな失点もなし。
まあ点も取れているし、前後左右から分厚く攻めているし、このままいきたいところだね。


目に付くのはイバさんの調子の良さ。やっぱりまだまだイバさんの方が上だぜ。
リーグ戦でもスタメン復帰なるかな。


後半。
開始早々からさらに圧力を強める。
5分、またしても左から右へふったボールにフリーで入ってきた野沢かシュート。GKがはじいたボールに興梠が反応するもそれもGKにはじかれる。
が、そのこぼれ球を小笠原が難しい位置に決めて追加点ゲット。


さらに続けて8分、ド真ん中をイバ→野沢とつないで抜け出した大迫がフリーできっちりゴール。
あまりにあっさり抜けちゃってびっくりしたぜ。


10分、野沢とアツトを同時交代。本山とチカシを投入。

チカシが右?
チュホが左でイバが右?

どうやら前者らしい。


マルキがちょっとブレーキ。
ゴールがほしくて仕方ない病にかかってしまってる。
まあこの大量点の中じゃあ仕方ないかなって思っていたら、23分マルキに代えて竜太。

マルキさんは代えられないのかと思ってた……。


が、マルキがいなくなったことで前線でのキープ力が減ったせいか、単純に疲れてきたせいか、ちょっとだけ閉塞感が出てきたなと思った瞬間の30分、
エリア左から興梠が一人交わして侵入し、ゴールすみに本日二点目。


裏では名古屋が白熱している。
ちょっと楽しそう。
PKを止めるってどゆことよ。

一方のカシマスタジアムは互いに運動量がなくなりだす。
中盤の三人は奮闘しているんだけども、それまで助けに下がってきていたマルキがいなくなったことで、守るべきスペースが広すぎる。


それとこの時間、シュートが雑すぎる。
もうちょっとだけ落ち着いてくれりゃああと3点はとれたろ。
相手の攻守で点が取れないは仕方ないけども、単なるミスはいただけない。


とまあちょっとだけぐんにょりなクローズだったけども、とにかく完勝。
次節の水原戦が大事。

見に行こうかなぁ。
posted by fool at 20:52| 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

【蹴】【ACL第2節】鹿島vs上海(2-0)

イバさんと興梠がベンチからもはずれ、スタメンには大迫とパク。
田代かと思ってただけに、大迫抜擢はちょっとびっくり。

大迫は今季まず最初のチャンスやね。


もうひとつ驚いたのはベンチに大道がいたこと。
船山かと思ってただけに、この起用はびっくり。……でも何要員なんだろ?


15分、小笠原の縦へのスルーに大迫が飛び出すもシュートは枠の外。惜しい飛び出しだった。

ふと気がついたけど、小笠原の背番号は今季はACLも40なのね。
去年は番号がでかすぎて使えないって話だった気がするんだけど、ルールが変わったのかな?


マルキが下がってくる頻度がいつもより高目。入れ代わで野沢が頻繁に前へ。
ダニーロはよくも悪くも運動量はいつも通り。



すべてが小笠原経由。
帰ってくるとやっぱりわかるね。いるといないとでは大違いだわ。


29分、久々に上海の攻め。
鹿島の右サイドからのクロスに岩政がクリアミス。
そのボールに上海DFがつめるも曽ヶ端が神セーブ。
そのこぼれ球もなんとか枠の外。
決定機そのものだった……


流れは悪くない。
決定機はなかなか作れないけども、水原戦や新潟戦に比べれば、全然戦えてる。
パクもイバと遜色ない。
ぶっちゃけダニーロにはちょっと不満だけど、そこはあきらめるしかない。
大迫はなかなかボールに絡めないけども、さわったら何かをしてくれそうな気配はみせてる。

43分、センターライン付近の青木から前線の大迫に一気のくさび。それをドリブルしつつ、左で空いていた野沢へ。
GKが出てくるもうまくタイミングをずらしてゴールへ。
野沢のシュートもうまかったが、大迫のアシストはかなり見事。
ふつうに出したタイミングがわからなかった……


後半開始早々。
CKのこぼれ球から青木のクロスをGKがはじいたところにマルキがつめるも、シュートはGKがナイスセーブ。


さらに7分、高い上海のラインをついて、マルキから大迫へスルーパス。
興梠なら!とも思ったけども、位置関係を考えたら追いついただけでも充分かな。


直後、ボランチのパスから一気にいかれるも曽ヶ端がまたしても神セーブ。というか正面で助かっただけ。
今のはかなり危険だった。


マルキ、ダニーロ、パクで左サイドを完全に掌握。
代わりに右でアツトが暇そう。


15分あたりから上海が簡単に鹿島ゴール前へ上げてくるようになる。
いつの間にかDFのトイも前線におる。
パワープレーにでるの早くね?
が、23分そのトイが二枚目の警告で退場。

これにより大岩が準備をしていたらしいがキャンセル。
いったい誰と代えるつもりだったんだろう?


上海が荒れてきた。
……怪我しなきゃいいけど。

って思ってたら、ダニーロが負傷。代わりに田代がIN。
う〜ん。あくまで高さ要員か。


そんな中、その時がついに訪れる。
35分、伊野波の適当に見える縦パスにマルキが反応。左サイドでDFを振り切り、真ん中へ折り返すと待っていたのは大迫。ふかしそうになりながらもゴール。
素晴らしい。

それを置き土産に大迫はチカシと交代。

ホントにラストチャンスだったのか……


そんなチカシは惜しいチャンスもあったが……

40分、マルキに代えて竜太。

最終的には竜太、田代の2トップにチカシ、野沢の二列目かな。


44分、カウンターからアツトが長駆し、絶妙なクロスをあげるも竜太が絶妙に外してしまう(>_<)
あれは決めないと!


けっきょく追加点は取れなかったけども、試合はそのまま終了。

とにかく戦う気持ちが伝わってくるよい試合だった。
解説の鹿島大好き名波さんも言っていたが、勝ち点3というのも大事だけども、それ以上にこの先戦っていくための気持ち・プライド・矜持を取り戻すために大きな勝利だった。



今日の観戦のお供はBECKSとJEVER。ドイツビールコンビ。
BECKSの方が好みかなぁ。
posted by fool at 20:53| ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月12日

【蹴】【高校選手権決勝】広島皆実vs鹿児島城西(3-2)

雪降ってる。寒そう。


練習試合では皆実が三戦三勝だとか。とはいえ、いつやった試合なのかがないといまいち参考にはならないが。


テレビのアングルがアホ過ぎてナニがどうなっているのかさっぱりわからないな。。


実況は誰だかわからないけども、今までの試合を見てきてないのかね?結果しか見てないのかもなぁ。失点が少ないからって守ってばかりというわけでもなかろうに。極端な話、ずっとポゼッションしてりゃあ失点なんかしないだろうし。久我山を押さえた前橋育英は実際それだったわけだし。準決勝の対城西戦の前橋育英もそれに近かったしね。少ないチャンスをぶち破られたのは想定外だろうが。


そんなこんなで試合は広島皆実ペース。勇也をおさえるというよりも勇也にはボールを入れさせない(もしくは勇也に入った瞬間をねらう)ように守っている。
高い位置から寄せてボールを奪いとってそこからサイドに素早く展開してゴールを狙う形。

対して城西はいつもどおり一回勇也に預けてそこから展開しようとするもそこへ行く前につぶされてしまって形が作れない。


が、20分、ようやく前線の勇也へボールが通る。エリアすぐ外。すぐに皆実のDFが寄せてくるも粘って粘って左足。GKも触るもそのままゴール。
なんじゃそら。ハンパネーYO。


23分、皆実のカウンター。城西の左サイドを侵略し、高いクロス。それをヘッドで折り返し、真ん中へ遅れて入ってきた金島がゴール。去年のユーロのオランダのゴールみたいな感じ。城西はあいかわらずザルだなw
城西の監督がDFラインを押し上げろっていってるみたいだけど、このザルっぷりだと怖くて押し上げられないでしょ。。。サイドを面白いように突かれすぎ。
なんて思っていたら35分。皆実。大きくサイドチェンジしたボールを受け、エリア内に進入。数回防がれるも粘った末にゴール。
なんで、勇也という強い個がいるのにそれを相手に練習しているDFはマンツーマン弱いんだろ?というか、今のはマンツーマンどころか人数そろっているのに。。ここ監督実は相当ヘボいんじゃ……。攻撃も基本的には勇也だし。
とはいえ、ここから逆転するのが城西仕様なんだよなぁ。。。そのための後半風上になるようにエンドを選んだろうし。

43分、皆実。セットプレーからフリーでヘッド。枠内に飛ぶもラインぎりぎりで松井がはじき返す。。……なんでフリーになるのよ。
とはいえ、前半を一点差で折り返した時点でこの先どっちに流れるかはわからんね。皆実もハイペースっぽいからどこまでもつのかわからないし、そうなったらゴール前で勇也という場面が増えてくるだろうからね。



ただ……ダメだしをするつもりはないけども、この内容で城西が優勝してもいいものなのかな?3年前にレッズがJ1優勝した時はワシントン&ポンテ頼みのクソサッカーだと思ったけども、その前提には堅守があった。でも、今の城西には堅守すらなく、本当に勇也頼みのクソサッカーだもんな。
個人的にはベスト4に残ったチームならば前橋育英が一番優勝してほしかった。。


後、気になるのは希の方。明らかにパフォーマンスが落ちてる。滝二戦でやられた怪我が思ったよりもひどいのかな?あの試合で負傷する前はかなりキレキレだったのになぁ。


と思っていたら、後半頭から希に代えて14番平原がIN。やっぱりダメだったか。。


皆実4番松岡に警告。ハンドっぽい。


意味不明な実況。「ここはいい位置からのコーナーキック」
いや、コーナーキックの位置はいつも一緒だろ。


皆実の監督のハーフタイムコメント。「ボール持つことが最大の守備になる。」
よくわかっていらっしゃる。


ただし、後半開始から城西ペース。立て続けにセットプレー。



7分、城西6番に代えて18番。この時間に代えるなら頭から代えておけばいいのに。。


10分ぐらいからまた皆実ペース。城西はまたしても繋げなくなる。これでパスサッカーとかチャンチャラおかしいな。


17分、勇也のポストから平原がエリア内に侵入。マイナスのグラウンダに野村がノートラップでシュート。同点ゴール。ワンチャンスをきっちり決めるのがすごいなあ。


20分、またしても城西左サイドを破ってクロス。GKがかぶり、金島がフリーでゴール。ザル過ぎてやるせねぇ。。大会最多失点記録らしいですよ。……まあエンターテイメントとしては成り立ってるなw



35分、皆実、11番に代えて14番。1トップにするらしい。皆実は残り時間しのぎきれるか。


これを気に時間稼ぎに入る皆実。ちょっと早すぎやしないか?


40分、城西。10番に代えて20番。
城西はことごとくルーズボールが拾えなさすぎ。中盤の面々はどこに行ったんだ??


45分、皆実。9番に代えて20番。



ロスタイム、セットプレー。

GKもあがってくる。なのにシュートで終われない。。
二度目のセットプレー。またあがってくる。

が、奇跡は起こせず。広島皆実が優勝。
よかったよかった。終わってみれば、皆実の快勝って言ったところか。快勝なのに2失点なのが城西の攻撃力のすごいところだが。
posted by fool at 16:10| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月05日

【蹴】【高校選手権準々決勝 】滝川第二vs鹿児島城西(2-6)

090105_1405~0001.jpg090105_1546~0001.jpg
個人的今日のメイン。
もちろん目的は大迫くん。


滝二の応援はガラ悪いな(^_^;)



5分、勇也のポストから希がぬけだしGKも交わしてゴール。あっという間の先制ゴール。


ただやってる内容は滝二の方がよさそう。つないで追い越して大きく展開して。
現に直後にはチャンスを立て続けに作っていたし。

が、次の点をいれたのも城西。

中央でボールを持った勇也が一人交わして右足でミドル。
なんじゃそら。


滝二の方がよいサッカーをしているはずなのに、一人の個がそれをぶち壊してる。
それぐらい衝撃的な試合。

特に3点目を入れられた後、滝二はちょっと心が折れかけてた。

センターライン付近でのファウルに対して素早いリスタート。エリアギリギリに落ちるボールに反応した勇也が、出てきたGKをあざ笑う美しいループ。

スタジアムが静まりかえった。


4点目もカウンターから。ロングパスをワンタッチでラインの裏へ浮かし、1対1になった11番が一度はGKに止められるもこぼれ球を決める。



得点の場面だけではなく、それ以外でも彼の落ち着きっぷりは尋常じゃない。
一人だけ時間の流れ方が違うんじゃないの?って思える。


こんな感覚、前にもあったなぁと思ったら平山だった。平山の3年の時もこんな感じだった気がする。……大丈夫なのか?

後はあんまり動かないのはチームの方針なんだろうけど、それはちょっと気になるかな。



後半、滝二は10番に代えて20番。城西は11番に代えて14番。
20番、やけに小さい。


3分、右サイドから侵入しゴール。誰かは不明。違うところ見てた。


7分、城西3番に代えて2番。


20分、裏へのロングパスに勇也がぬけだし、ピタリとトラップしシュート。
これはGK正面ではじかれるが、リフレクションに反応していたのは希。無人のゴールに流し込んで6点目。

滝二、11番に代えて16番


25分、しつこく攻めていた左サイドから13番がエリア内に侵入し、グラウンダの折り返しをひとごと飛び込んでようやく一点を返した。


ここいらで希が足を痛めて×サイン。
すかさず勇也が中盤に下がる。
よく見てるわ。

18番をすぐに投入。

32分、またしても左から。
今度はクロスに対してちびっこ20番が飛ばずにヘッド。
これがGKの頭を越えてゴール。


18番に代えて24番。

その後も滝二が勢いそのままに攻勢を強める。が、これ以上は増えることなく試合終了。


後半は流し気味だったのかな?それとも滝二の意地?

城西はけっきょく滝二に奪われた流れを引き戻せなかったのが気になるね。
もしもリードされて終盤を迎えた場合に打つ手はあるのか……


滝二の13番は上手いし動きもいいけど、持ちすぎ。簡単に使えばよいところもドリブルでいきすぎて取られてしまうのは難点。
posted by fool at 15:51| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【蹴】【高校選手権準々決勝 】鹿島学園vs大津高校(2-1)

090105_1347~0001.jpg
大津高校って滋賀代表なのかと思ったら熊本代表なのね。
紛らわしい名前だわ。


前半5分ぐらいについたら、すでに鹿島が先制している罠。

が、試合のペースは大津。左サイドの7番を中心に攻め込んどる。
あとは攻守の切り替えが早いかな。
鹿島がボールを持ってもすぐに囲い込んで奪いにかかる。


20分ごろ、CKから高いヘッドで同点。



鹿島は9番の動きがよい。ちっちゃいのに跳躍力もあるし。


鹿島は後半頭から選手交代。青木に代えて増田。紛らわしいな。


大津にいくつかチャンス。が、鹿島のキーパーが当たり日。

10分大津。11番に代えて15番。
11番もよかったと思うんだけどな。


15分あたりから大津が鹿島の動きについていけなくなる。
が、鹿島も大事なところでパスの精度を欠いてしまう。


20分、大津の流れがちょっと悪くなってきた時間に10番に代えて17番。


25分大津、カウンターから右サイドをえぐり、折り返したボールは中央でドフリーで待ってた選手にピタリと合う。
が、ヘッドをふかしてしまい決定機を逃す。

その直後、GKでキーパーが思いっきりダフり足を負傷。



ロスタイム、大津がPKに備えてGKの交代の準備。
が、その最中。
9番のドリブルをエリアギリギリでストップ。鹿島がFKを獲得。

どうするのかなぁ?と思ってみていたが、大津はかまわず交代。


このFKを10番がたたき込み、その後の攻撃もしのいで鹿島学園が勝利。

いや。劇的。


一番やりきれないのは交代させられたGKかそれとも交代で出たGKか……
posted by fool at 13:49| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月01日

【蹴】【天皇杯 決勝】ガンバ大阪vs柏レイソル(1-0)

序盤の出足はレイソルの方が上。
というか、マリノスもガンバより上だったがな。
ガンバからすればとにかくしのいどけってところなんだろうけど、準決勝以上にチャンスを作られまくる。


5分、村上が安田を抜いて折り返し、ポポが放ったシュートは藤ヶ谷がかろうじてセーブ。


15分、レイソルの勢いが落ちてきて、ようやくガンバもつなげるようになり、小気味よいパスから最後は明神がミドル。枠をとらえていたが菅野がはじき出す。

気がつきゃスゲはこんな舞台にいるのかぁ。やっぱりスゴい子だったんだよな。
南の壁を越えてレギュラーを奪取したんだもんな。



レイソルの勢いが落ちてきたのかと思ったけども、単にプレスをかけ始めるラインをちょっと低めにしただけだな。
前すぎても最後まで保たないっていうプランなのかな。

が、それだとガンバはボールがつなげるようになり、レイソル陣内に押し込まれ、攻撃に出るときに時間がかかるようになってしまう。

そうなるとカウンターからの単発な攻撃しかできなくなる。
こうなってくるとレイソル的にはフランサが出てくるまで我慢になるのかなぁ。

ガンバはセットプレーのキッカーに遠藤が使えないのが地味に痛い。
高さではレイソルに勝っているだけに、あとちょっとだけ精度がよければってのがもったいない。

というか、普通のプレーでも左ばっかだったけど、遠藤は右足が使えないのかな??


43分、セットプレーのもみ合いで中澤と古賀に警告。
そんなにひどくはないとは思うのだが……


そのセットプレーからのカウンターで太田に警告。


ポポが放った惜しいFKを藤ヶ谷がセーブして前半終了。



う〜ん。どっちもプラン通りの前半なのかなぁ。

ガンバは後半に勝負をかける体力を残しつつ。
レイソルはあわよくば先制がほしかったが、フランサを投入するまでに同点ならば問題なしといったところか。



ということで、レイソルは後半頭からフランサを投入。outは太田。


が、そこまでリズムが劇的に変わることもなく。
というよりも、フランサがためる→サイドがあがる→取られる→サイドの裏がスカスカ
という罠。


12分、ガンバのセットプレー。遠藤が初めてキッカーになるも菅野がおさえる。

13分、ポポに代わって李。


15分、レイソルのセットプレー。フランサが柔らかく上げたボールに対して古賀がヘッド。
藤ヶ谷がかろうじてはじき出す。紙一重。


18分、李を倒して加地に警告。


20分、村上のミスパスからつないで寺田がミドルも菅野がセーブ。

直後、山根に代えて石川。山根は足つったか?
これでレイソルは交代枠を使いきり。
一方ガンバは一人も交代していない。

というか、代えるカードがないんじゃね?


ガンバは遠藤と橋本の位置を入れ替え。
遠藤をいけるところまで引っ張ろうってところなのかな?


残り15分。
流れはガンバ。
ミスがないから変な位置でボールを取られることもない。じわじわと追いつめていくような攻め方をしてくる。
レイソルはカウンターのみ。かなり苦しい。


それでも互いにチャンスは作りつつも点は入らずに延長戦へ。


5分、ガンバのカウンターを仕方なく止めて大谷に警告。
その前のフランサが倒されたプレーがノーファウルなのはようわからん。


8分、李が上手いポストでボールをおさめて反転したところに対して中澤がファウル。
う〜ん。今のは警告だろ……


さすがにガンバの中盤も動きがなくなってくる。パスは回せるけども、ギャップに入っていけなくなる。


後半、ついにガンバも交代。山崎に代えて播戸。残り15分。

ここまでくるとレイソルはPK戦狙いか。逆にガンバはイヤだろうな。
徐々に追いつめていたガンバがいつの間にか追いつめられているというのが非常におもしろいね。


8分、橋本に代えて倉田。

11分。ガンバがついにこじ開ける。
播戸のシュートは一度は防がれるも、もう一度素早く反応したシュートが115分にしてついにゴールを割る。
いや〜ここまで散々惜しかった播戸がこの局面で決めるとはね。


14分、遠藤に代えて武井。


そのまま逃げきったガンバが優勝。
最後の最後でACLへの出場権をゲット。


終わってみれば完勝に見えるなぁ。
後5分、逃げきったらレイソルがフラン完遂に見えたんだろうけど。
posted by fool at 16:36| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月09日

【旅】北海道[その2]

081206_1306~0001.jpg081206_1327~0001.jpg試合については簡素に。


不思議なフォルムの札幌ドーム。
入場を席ではなくサポでわけとる。
意味がわからん。


開始前。
マックスボリュームが超汚い。こんな汚いマックスボリュームは初めてだ。

盛り上げの一環としてだろうが、コンサの今季のゴールシーンが流れる。
……ダヴィばっか。
しかもそのダヴィもミドルかセットプレーからばかり。
少なくともドリブルで切れ込んでフィニッシュという形は持っていないっぽいね。
ってことは、ボールをもたれても、きちんと寄せつつフォローがいれば問題ない相手とみた。


試合。
立ち上がり、札幌の出足がよく押し込まれる。
とはいえ、元からの指示なのか選手の判断かはわからないが、その時間帯はセーフティにロングボールを使用することでシュートまではいかさない。
そうこうしているうちに野沢がミドル。
なんか変な感じに振り抜いたなと思ったらそのままゴール。
踊るかなぁ?と思ったら、監督の元へまっしぐら。


ダヴィは予想通りだった。
個人的にはFC東京のカボレの方がイヤだったな。
ただ札幌はダヴィに仕事をさせすぎ。
ソガがキックする時はダヴィが中盤に下がってターゲットと競り合わせるのはいかなものかと。
そこで競り勝っても前へ行くのに時間がかかっちゃうのに……
ちなみにその競り合いでは青木がよくがんばってた。


逆に好印象だったのは右サイドの藤田とFWの砂川。
小回りが利くタイプでボールを持てばイバに積極的につっかけてクロス。守りでもフォアチェックを欠かさない運動量でかなりイヤだった。

後半。
ホームでしかも負けているのにブロックを作ったままボールを取りにこない札幌。
鹿島は勝ってるのだから、無理する必要はどこにもなくDFラインで左右にボールを動かす。
明らかに白ける観客。

う〜ん。前半の勢いはどこにいっちゃったんだろ。

それでも時折中央にくさびをいれて、攻め手をうかがう鹿島。
……ほっときゃいいのに。


後半の中盤以降はさすがに前に来るようにはなったが、怖かったのはポストを直撃したミドルぐらい。
あのミドルはなんで見切ったんだろ……
チカシ、田代、船山を投入し、しっかりと逃げきって終了。
時間稼ぐよりもふつうに点が取れそうな気がしたけどね。


なんかうれしいというよりもホッとしたって気持ちの方が大きかったな。
先週の勝ちでほぼ決まりだったのと、札幌の後半のやる気のなさのせいだな。

あ、あと終了間際のコールがかなりグダグダだった。その中で鹿島コールが自然発生したのはすごくよかった。


優勝セレモニー。
去年は掲げることができなかったシャーレ。
いやーキラキラしとるな。


セレモニー後、鹿島サポからコンサドーレコール。
応答でコンササポから鹿島コール。

池内コールもしてあげようよ。


コンサドーレのセレモニーはみることなく撤収。

なんか後援会が選ぶ年間MVPってのがあるみたいね。帰国中のクライトンでしたが。
そういや鹿島にはないな。


簡素なはずが長くなったので……つづく!
posted by fool at 09:09| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月26日

【蹴】【J1 第30節】FC東京vs鹿島(3-2)

今季も残すところあと5節。
昨日の試合で名古屋がドロー、大分が敗戦と足踏みしてくれた中での一戦。
こいつを勝てると優勝までぐっと近づくことができる。


開始前。
今日のコールは全体的にいまいち。なんか流れなく片っ端からやってるだけに聞こえた。
伊野波コールがあったのはよいね。

んで、中後に新しいコール。
これまただせぇな……お経かよ。


もうちょっとはじけるような感じにはできなかったのかな。
本山のはかっこいいのに。



序盤はどちらもよい出足。鹿島はちょっとミスが多いかな。


15分、石川クロスから平山がドンぴしゃヘッドも曽ヶ端の正面。こらイカン。



20分エリアすぐ外でボールを受け、反転して前を向いた興梠が倒される。
得たFKは中後が蹴るも枠外。
興梠はちょっとしんどそうだったか、平気みたいで一安心。

この辺から鹿島の時間が長くなり始める。


が、FC東京も右サイドを中心に反抗。
ムービングフットボールの片鱗を見せ、美しい流れから石川が抜け出すも、曽ヶ端が1対1でセーブ。
う〜ん。一点ものでした。


この後ぐらいからはFC東京の時間。
鹿島はボールを奪っても自分らのミスで簡単に失ってしまう。
ちょっと落ち着かせたい。
こういう時に起点としての小笠原がいないことを痛感させられる。
ダニーロならできそうなんだけど……
そういやダニーロ最近触ってないな。


40分、本山が蹴っ飛ばされるも誰もみてなかったのでノーファウル。



けっきょく前半は流れを引き戻せないまま終了。失点しなかったことをヨシとするしかないかな。



前半はどちらも相手の時間帯にきっちりと締めていた印象。
ちょっと気になってた点としてはアツトとカボレのマッチアップが危なっかしいながらも、ことごとくアツトが勝利していること。
一回でも負けたら決定機なだけにがんばってほしい。


後半。
本山に代えてマルシ。さっきの怪我かな?

立ち上がりは鹿島の時間帯。

これを凌いだFC東京は10分、CKからカボレがヘッド。曽ヶ端の手に当たるもゴール。
まあこういう交互に流れがくる日は得てして、流れが来ていない時間帯に点が入るもんだ……


前回対戦時は先制されるも、興梠・ダニーロの途中投入で逆転勝ち。
今回はその両切り札は既にフィールド。
どうする?
……なんて思ってたら、15分、マルシが粘ってあげたクロスに興梠が体ごと飛び込んで同点。ステキすぎる。

20分、石川に代えて鈴木達也。
かなりイヤな選手だったのに何でだ?


ふと気がついたが伊野波がボールを持った時のFC東京サポのブーイングがすごい。そんなに嫌いになったんか。


30分ぐらいからFC東京の足が止まりはじめる。駆け回ってるのは鈴木達也と羽生ぐらい。

が、32分、カボレがアツトを交わしてあげたグラウンダクロスに複数選手が飛び込みネットが揺れる。長友のゴール。

う〜ん。ついに抜かれちゃったか。
押し気味だっただけにもったいない。



その直後、羽生に代えて大竹。
守りにはいかねーぞってことか?


対するダニーロに代えて田代。


が、37分。
またしてもFC東京の右からやられる。
カボレがあげたボールに大竹が飛び込みゴール。ん〜采配ズバリじゃないですか。


鹿島は最後の札を出す。中後に代えてチカシ。


そして40分、守りを固めたFC東京を田代がこじ開ける。
左で作ったボールを真ん中からエリア内右へ入れて田代がゴール。後一点。
スタジアム盛り上がりすぎ。

FC東京はカボレに代えて赤嶺。
高さ要員か?


ロスタイムは3分。
なにが起こるかわからない時間帯。
帰るヤツとかバカじゃね?


が、奇跡は起こらず。名古屋大分にお付き合い。
むー。

まあ下を向く内容ではないし、これだけ負け数があってもまだ首位なのも事実。
次だ次。



レフリーは村上氏。
あんまり聞いたことない名前だな。

でも個人的にはノイズが少ないよいレフリーさんだと思いましたわ。


J2は上位対決で仙台がセレッソに、山形が湘南にそれぞれ勝利。
これで昇格圏内は決まりかなぁ。
後は自動か入れ替え戦か。
posted by fool at 16:07| ☔| Comment(1) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月04日

【蹴】【J1 第28節】川崎vs大分(3-0)

081004_1550~0001.jpg
暑い日でした。


そんな日のフロンターレのスタメンはついに禁断の前線3トップ+トップ下が外国人。まあレギュレーションだからいいんだろうけど、ズルいな。



互角な序盤、最初に決定機を迎えたのはフロンターレ。
CKをファーサイドの誰かがヘッド。GKの手をかすめたボールが入るかと思われたが、大分の選手が間一髪クリア。
……副審の旗が上がらなかったところをみるとライン上でのクリアだったのでしょう。



16分、FKのどさくさに紛れて金崎に警告。……なんで?


25分、川崎のロングパスに対してレナチーニョと高橋が併走。
エリア内まで行き、高橋がクリアかバックパスか悩んだすきにレナチーニョがうまくかっさらって、ゴール。
堅守大分、思った以上に早く点が入ったな。


続けて川崎は高めになった大分のラインの裏をねらいチャンスを作る。


そして27分、同じような形から抜け出したレナチーニョ。
今度は正面に切れ込んでミドルをたたき込んだ。
なんだそりゃ。


この時間帯大分は高橋の裏をしつこくねらわれる。


32分、ファウル後にボールを蹴りだして谷口に警告。


37分、ホベルトOUT小林IN。
怪我?


40分、テセがハイボールを競った藤田を倒して警告。



ハーフタイム。
ふと気がつくとSS席に力士が。
さすがイッツ・ア・スモウワールド。
春日山部屋の力士さんかな?



で、後半への展望だが……はっきり言って大分に攻め手ナシ。2トップがハイボールに競り負け、くさびもおさめられないとなると、じわじわフロンターレのカウンターの餌食になるぐらいしかやることがない状況。


こっから2点も返すあてはあるのか?


後半開始早々、ジュニーニョとレナチーニョがスイッチしようとしたのを体で止めたとして小林に警告。
う〜ん。ファウルなのはわかるが警告かな……


13分、大分陣内のルーズボールをジュニーニョが拾ってDFラインを抜け出してGKとの1対1をきっちりと決めて3点目。


さすがに動く大分ベンチ。
高松に代えて前田。

が、あんまり状況は好転せず。
というか、大分の一部の選手の戦意失せてないか?というプレーがちらほら。


25分、テセに代えて我那覇。
我那覇、大人気。


直後、前田が伊藤を後ろから倒して警告。
ちょっと前に憲剛にも同じようなとり方をしに行ってたな。

33分、高橋に代えて小林。
……小林が二人いるんかぃ。


40分、FKの遅延行為で寺田に警告。
その直後、DFラインとGKの間に入れられたボールに対して寺田が危うくオウンゴールしかける。

ヴィトールに代えて田坂。


大分のCKからのカウンター。レナチーニョのドリブルに対して藤田が体で止めて警告。


45分、ジュニーニョに代えて村上。
時間稼ぎ?


ラスト大分のFKは川崎ゴール前に混乱を招くも、ゴールラインを割ることはできず。


……う〜ん。大分はわかりやすいぐらい完敗でしたな。
単純に個で負けたように見えるが、その前に1対1になってしまってるのがアカンように思えるけどね。

対して川崎。
先制するて相変わらずのカウンターがはまる。
FC東京戦などをみると守られた時のこじ開け方あたりに課題がまだありそうだけど、最後まで首位戦線から離脱はしなさそうだなぁ……



レフリーは穴沢氏。
この人のジャッジはスゴくひさびさに見るかも。

なんかこまけぇ。
posted by fool at 16:55| ☔| Comment(0) | TrackBack(3) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

【蹴】【ACL準々決勝 2ndleg】アデレードvs鹿島(1-0)

完敗。

2試合通してオウンゴールの一点しかとれなかったこと。
これが今の鹿島の力のすべてでしょう。

そこには惜しかったというものは入る余地はなかったとしか言えません。


単に鹿島にこじ開ける力が足りなかった。


ナビスコの清水戦しかり、本当に後一点必要な場面でとりきるための方策が意外にないのが今の鹿島なのかなと。
posted by fool at 23:58| ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

【蹴】【J1 第25節】川崎FvsFC東京(0-1)

080920_1903~0001.jpg立ち上がり川崎の波状攻撃。CKのこぼれだまはぎりぎり枠の外。

直後、FC東京のCKのこぼれだまから赤嶺が放ったシュートは川島の手をはじいてINゴール。
紙一重だったが、FC東京が先制。


直後、警告じゃね?と思えるようなプレーが二つ続くがどちらもファウルすらなし。多少の接触プレーは流し気味にいくよということなのだろうか?
ちなみにレフリーは松村氏。



互いに序盤から激しい。というとダービーっぽくて聞こえはいいんだけど……
ん〜どちらもサイドにスペースがありまくりてそこを素直についてるからチャンスになってるだけにみえる。

特にFC東京はサイドが絞りすぎなんじゃねーの?


あと黒津は調子がよさそう。このFW陣の中でスタメンなのも納得だわ。



15分、赤嶺が負傷退場。平山IN。
負傷はともかくとしても、交代せざるを得ないような負傷で倒れているのに試合を止めないレフリーってなんなんだろうね。
ちなみに赤嶺君は担架のままベンチ裏に運ばれていきました。


にしても、久々に平山を見たけど相変わらずもっさりしとるのな。
去年のダニーロよりももっさりしとるぜ。


もう一つ気になる点としては、FC東京は細かくつなぐ意識が強いためかクリアであっても簡単に蹴り出さない。ただその影響か単純なサイドチェンジもほぼない。

逆サイドに出せば楽になるような場面でも同エリアで細かいパス。ま、そういうサッカーなんだろうけど、もったいない。


なんて思ってたら40分、今野が退場。
後ろ見ずに走ってた今野が川崎の選手をけちらしちゃったように見えたけどな。
あれで退場はちとかわいそう。けちらされた選手はピンピンしとるわけだし。
赤嶺に対するプレーはノーファウルなのにね。基準があいまい。



ハーフタイム。
10月の試合の案内。

大分戦はなんと力士がやってくるとか。

その名もなんと「イッツ・ア・スモウワールド」


……誰だ考えたヤツ。



後半。
一点勝っていて一人少ないんだから当たり前なんだろうが、FC東京が守り倒す姿勢を全面にだす。
それに対して川崎は右から左から真ん中、空中、セットプレーとあらゆる手段を用いる。
つーか今の川崎ってなんでもできるのな。
憲剛とヴィトールが交互に低い位置からパスを散らす。



で15分双方がほぼ同時に動く。
FC東京、カボレに代えて鈴木達也。

川崎は黒津に代えてレナチーニョ。
J初出場?


不思議なことにこれで互角になる。
鈴木と平山が前線でボールをキープすることでファウルだったり時間を稼ぐことができるようになる。

逆に川崎は焦りもでてきたのかちょっとずつかみ合わなくなってくる。


30分、村上に代えて田坂。もうサイドバックなんかいらんということか?

谷口に代えて大橋。

FC東京はエメルソンに代えて藤山。とにかく守り倒すつもりらしい。



川崎はチグハグ度が加速度を増す。
とにかくこじ開けたいんだろうが、どうこじあけるのか?ってのが、いまいち整理しきれなかった印象。

試合はそのままタイムアップ。FC東京が凌ぎきった。

個人的にはこういう試合の方がFC東京っぽいと思うのだがどうだろう?


試合のポイントは前後半の立ち上がりで失点しなかったことかなぁ。

特に川崎の後半立ち上がりの攻めは迫力があったが、それを凌げたのは大きかった。ここで失点してたら祭りの可能性もあったがFC東京は凌いだ。
逆に川崎はそれ以後徐々に失速。なんでだろ。
posted by fool at 21:05| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月17日

【蹴】【ACL準々決勝 1stleg】鹿島vsアデレード(1-1)

大崎のFooTNiKにて観戦。

芝がボコボコすぎてカシマじゃないみたいだ(>_<)


序盤、興梠が効いてゴール前で二つのFKを得る。
どちらも入りはしないがまあ悪くない立ち上がり。


アデレードのプレスはこっちのSBにボールが入ったのをきっかけにしてるような感じがする。


後はざっくり印象としては攻から守への切り替えが早い気がする。


つーか、がたいがいいのがそろいすぎ。
セットプレーで高いボールから点が入る気がしない……


そのくせ反応がいいからシュートコースにすぐ入ってくるから、GKを直接脅かしたシュートが撃てたのは30分を過ぎてから。


が、その直後の35分右サイドからのクロスに青木が触るもそれをドッドに押し込まれて失点。


このままかと思ったロスタイム。
アツトが出したグラウンダのアーリークロスがボコボコ芝を味方につけてオウンゴールを導く。

なんだそりゃー( ̄口 ̄)



後半開始からイバに代わって中田。
怪我か?

こんなタイミングでSB中田を試すことになるとはね。

対するアデレードもFWを交代。あんまりおっきくないヤツが出てきた。


にしてもこのレフリー、警告基準が謎すぎる。


15分、カウンターに対応したDFラインが交錯してしまい、ソガと1対1になるも神セーブ。
そのカウンターからマルキがミドルを放つもこれまたナイスセーブ。


この辺から徐々に鹿島の早さについていけなくなるアデレード。元気なのは後半から投入したクリスチャーノぐらいか。

後半25分、MFジエゴに代えてDFの選手を投入。

右サイド(ってかアツト?)ブロックのための投入っぽい。


後半30分、チカシに代えて竜太を投入。久々だね。
興梠が中盤に下がるのか?

みた感じそのまま竜太が中盤に入ってるっぽいな。


アデレードはMF同士の交代。


後半35分、興梠に代えて田代。
大丈夫か?


残りは鹿島がこじ開けるかアデレードが凌ぐかという局面となったがそれを制したのはアデレード。

きっちりと凌ぎきられてそのままドローで終了。


良くも悪くもいつも通りだったな。


次勝てばいいんだ!


……で、来週は何時からなんだ??
posted by fool at 20:57| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。