2008年02月20日

【Football】【東アジア選手権】中国vs日本(0-1)

こんな大会やめてしまえ。


なんでこんなよくわからん大会で、選手が試合を無事に終わりますようにって祈らにゃならんのだ。

一応タイトルってついてるけど、基本的には単なる親善試合の一つだよ?


ミチは平気なんじゃろか……



あと中継でレフリーがアウェイだとか言ってたけど、ありゃ単にへたくそなだけだろ。
主審にしろ副審にしろサッパリだ。


最後に啓太がどついた時にすぐにモノが投げ込まれてきたのがわろた。
日本に対するブーイングを禁止されてて鬱憤がたまってたんだろうなぁ。
だんだんカオスになっていくスタジアムは笑けるんだけどね……


それとは別にロスタイムのチャンスを決められなかった田代は反省しておくこと。
posted by fool at 23:08| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【Football】オールスター改革

オールスターが今年からKリーグとの対戦になることが正式にきまったらしいです。


元々なんやかんやと言われていましたが、それでも支持されていたのは
年に一回勝敗は(半分)度外視して、みんなでわいわいやってるのをみたり、マスコットの競演をみたり、他サポとの交流を楽しむ場として貴重なモノだったから。
要は互いにある程度の共通認識の元に怪我しないように魅せようやってこと。


少なくとも自分はその認識。


それがKリーグオールスターとの対戦になる。

……ただの日韓戦じゃん。ちょっと外国籍選手がまじるだけ。
それに二年に一回は韓国での開催。
見れないじゃん。



誰のための改革なんでしょうかねぇ。
posted by fool at 19:39| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

【Football】【W杯アジア3次予選】日本vsタイ(4-1)

雪降る中での試合を見るなんていつ以来なんだろう。
と言っても別に現場で見たワケではないです。
それどころか録画ですし。
雪の試合と言えばやっぱり高校選手権の決勝ですよね。
ま、あれは雪の舞う中というか降りすぎでしたが。


閑話休題。

前半は、ヤットが美しいFKを叩き込んだと思ったら、直後に変な軌道のミドルを叩き込まれる。

……それどんなガンバ大阪?って聞きたくなるような展開。
前半はボールを保持するもいまいちかみ合わずそのまま終了。相手がどうのというよりも、もう少し強気にいってもよかったんじゃないのかな?


後半。
ゴールライン際、山瀬が仕掛ける。一度はとられたがすぐに中村と山瀬が挟む。クリアボールが中村の足に当たってゴール前に跳ね返ったボールに対して大久保が反射的に反応して右アウトサイドでゴール。
よく反応したなぁ。なんというか、大久保っぼいゴール。


中澤の押し上げによって、タイのMFが二枚目のカードをもらってしまい退場。
その直後にFKから中澤が難しい体勢からヘッドで追加点。

後半は中村が攻守にいい動き。中盤でボールをもらったら左右にうまく散らし、前のスペースにボールをねじ込む。
セットプレーも低目で早いボールを供給。


後半35分、高原に代えて播戸登場。
……半袖だぞ(^_^;)

ロスタイムにはまたしても中村のCKに大外にいた巻がドフリーでヘッド。4点目。
タイは35分過ぎぐらいからもう集中が切れてたっぽかったね。ぜんぜん追えてないから後手後手になってしまってたし。

まあ何にしても4-1での快勝ってのは久々な気がする。
posted by fool at 01:37| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月03日

累積2枚で生まれ変われなくなります。

ロスタイムライフ

なんやかんやとCMを何度か見て気になってたドラマ。

ちょうどやってたので見てたけど、実況青島の時点でわろたわ(^_^;)


で、感想としては安定感のあるドラマでした。ラストも安易に助かったりしなかったのがよかったな。


疑問としてはあそこで中山クンを殺した人はいかなり夕方に飛んでしまったのかね。かわいそうに。

そういや主人公、中山クンなのね。
有名な選手の名前で遊んでくれるんだったらこれからも見るんだけどなぁ。
posted by fool at 00:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月31日

【Football】【キリンチャレンジカップ】日本vsセルビア・モンテネグロ(3-0)

渋谷のとあるお店で鹿サポと、代表戦を見つつ飲み。
いや飲みつつ見てただけかな。
基本的にはアツトに釘付けなワケだし。

気分的にはテム=レイ。


えぇーい。高原はいい。高原はいいから、アツトを映せ!




なので、あんま覚えてないけど。
チリよりも前からプレスをかけてこなかった影響もあってパスは回せてましたな。だからといってゴールが近そうかといえば別物ですが。


なんであんなにも真ん中真ん中に行きたがるのかが自分にはわかりません。

今の代表が目標としている像がいまいち見えてないせいなのかもしれませんが。
そういう意味では前代表はわかりやすかったですからね。
大枠についてはジェフ時代から推測できたので。



にしても、岡田さんの中ではアツト>加地なんですかね?

タイ戦でぶっつけて加地を使うとも思えないんですけどね……
posted by fool at 09:27| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月27日

【Football】【キリンチャレンジカップ】日本vsチリ(0-0)

まさかアツトがスタメンとは予想してませんでした(^_^;)


とはいえ、加地から奪ったというよりはお試しってことなんでしょうな。
試合後の記者会見で上がりに関して苦言を呈されてたみたいですが、あんなに中盤でボールが収まらないのにほいほい上がれるかい……


でまあ、そんなことよりも思ったのが鈴木啓太の動き。
あれは1ボランチのしていい動きじゃないでしょ。
ちょっと真ん中を空けすぎなんじゃないかな。

キミがサイドに寄って行っちゃったら誰が真ん中をケアするのさ。



あとは……思ってた通りきれいにカウンターにはまる場面がいくつかありましたな。
ああいうサッカーをするんだったら、真ん中で簡単に失ったらそうなるわな。


そもそもメンバと配置があれでいいのか?ってのはオシムさんの時からあんまかわらんな。


とはいえ、久々に鹿島に代表選手がいるようになったからもちっと興味をもとうかな。
posted by fool at 00:26| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

<2007 J1 第9節>FC東京vs鹿島アントラーズ(1-2)

久々の味スタ。

なんで久々なんかなぁ……って考えたら、去年のFC東京戦は松本開催だったんですな。もう一個の東京のチームはJ2にいたし。

というワケで二年ぶりの味スタですが、ナニやら意味不明な鬼太郎ディズでした。
客もよくはいってましたねぇ。



注目してたワンチョペは……どういうタイプの選手なんでしょね。細かい足技は上手いんだけども、期待されてるポストプレーに関しては空中戦で岩政に完敗。
そのせいでFC東京は前線に当ててからではなく、ルーカスが引いてもらいにいかざるを得ない展開に。


うちのダニーロはまあまあな出来。とりあえずゴールキックからのターゲットとしては及第点。
逆に目に付いたのが田代の出来の悪さ。
まったく流れに乗れてませんでした。
……なんで一試合に一人の割合で試合に参加できてない選手がいるんだろう。


試合はというと、うちがボールを持って、ミスからFC東京がカウンターなんだけども精度が悪く途中で止まるって感じ。

鹿島で気になるのはボールを持った相手に寄せにいくんだけども、それを簡単にかわされてパスがでるとドフリーな選手が浮いてること。
もう少し連動して取りに行くべきなんじゃないのかね……


何にしても今季初の逆転勝ち。
ワンチョペに初ゴールを決められた時はゲンナリしたけども、直後に取り返したのが大きかった。

決勝点はマルキさまさま。
コーナー付近でボール持たせたら上手いわ。二人に囲まれても失わずに逆に抜いてチカシのヘッドをアシスト。


これでまた戦績はトータル五分。
次のマリノス戦はちょっと正念場だね。
posted by fool at 13:29| ☔| Comment(4) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月30日

<2007 J1 第8節>川崎フロンターレvsジェフ千葉(1-1)

入ってからわかりましたよ。
等々力は入り口がホームとアウェイでいっこずつしかないから、混むんだ。

せめてバクスタ側にも作ろうよ……


それはさておき試合はというと。


前半の途中の段階ではこの試合、風がキーになるのではないかと推測。
結構風が強く、風上の方向へ裏をねらうボールは風に戻されて抜けずにディフェンスラインに引っかかってしまう……
前半これに苦しんだのが川崎。
ということは前半しのげは川崎有利。
ジェフは前半のうちに点をとっておきたいところ。

だが、ジェフは局面でたまにらしさをみせるもフィニッシュまでいけず。
個としては、水野が持ったときに怖さを感じさせるが
それもちょっとゴールから遠すぎる上にクロスがあがっても高さでは川崎の圧勝。


最初は気がつかなかったのだが、そういえば、憲剛がいなかった。
最近の憲剛はすごみが増してるように見えてただけに楽しみにしてたのに残念。
川崎の中盤でのタメが少ないように思えたのは彼の不在も影響してたのかな?


で、そのまま後半。
風上にたった川崎は前半風に阻まれて裏へ上手くぬけなかったボールが通るようになり、ジェフを脅かすようになるがジェフもよくしのぐ。

が、ゴールが生まれたのはどちらも優勢な時間ではなく
ぽっかりとできた空白の時間。
ジェフの選手が倒れているのに川崎がカウンターを仕掛けたことにジェフの選手がレフリーに抗議(?)
まあこれに関しては倒れていたのに攻めきったのはジェフなんだけどね。それを拾われてのカウンターなんだし……

当然レフリーは意に介せず。
なんか不満げなジェフ側。なーんか危ないんじゃないの〜なんて思っていたら、
その直後、(ジェフから見て)左から森に抜かれてクロスをあげられ、
テセにヘッドを決められしまう。

川崎が相手の隙を逃さなかったというよりも、ジェフが勝手にキレてたといった感じ。


じりじりした展開だっただけに均衡が崩れると流れが一気に偏りだす。
特に川崎は先制した後、守りながら追加点をねらうのが得意なチーム。

ジェフはリスクをわかりつつも攻め、川崎は鋭いカウンターをねらう。

それでできるチャンスは川崎の方が多かったが、35分左から水野がFK。


誰かに合わせようとしたが、誰もさわらずに巻いたボールは川島の手をかすめてゴール。

高さではジェフに圧勝していた川崎だがなんとも皮肉なゴール。


これで勢いがでたジェフ。
が川崎もテセに代えて黒津を投入して早さで追加点をねらう。

互いのゴール前を行き交う見ている他サポ的には楽しい展開。


けっきょくそのまま試合は終了。

川崎は憲剛の存在の大きさと代えのきかなさを改めて実感したんじゃないですかね……

ジェフは……悪くなさそうだけども、どったボタンをかけ違えてしまってるようなそんなもどかしさを感じてしまいました。1トップがあってないんじゃないのかね?
かといって巻と新居の2トップも合わなかったみたいだけど。
posted by fool at 17:20| 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月29日

サイクル

070429_1316~0001.jpg仕事が終わって帰ったのが始発。
寝たのが6時。

目が覚めたら11時。
ん〜。等々力にでも行くか。
外にでてみるとやたらといい天気。



いっちょ自転車で行ってみるか。



という完全に思いつきでやってきた等々力陸上競技場。
うちからチャリで30分。思ったよりも早かったかな。電車を使っても同じぐらいかかるし。


にしても、よう混んでるわ。
開始まで1時間半なのにまだ入場待ちの行列があるもん……
posted by fool at 13:36| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月16日

<2007 J1 第6節>横浜FCvs鹿島アントラーズ(0-1)

我がアントラーズとここ数年注視し追い続けていたフリエとの記念すべき初対戦。それもJ1で。


……なのだが、スタジアムが日産なだけになんだかなぁってのが率直な感想。

だって、これじゃあいつもの青いチームが水色になったぐらいにしか感じないよ……

集客を期待したんだろうけども、三ツ沢で見たかったな。


……にしても、スタメン発表で18人中3人を間違えられるってどういうことよ(*´Д`)=з
グデグデにもほどがある……


試合はそれ以上に双方グデグデながらも、
ダニ&坊主モトが奪ったボールを最後はヤナギが決めた一点を守りきってようやくリーグ戦初勝利。
開始時間の都合で一番ラストになっちゃってました……

オブラダもなんだかフライング気味だったし。
にしても、一勝するのって大変だなぁ。ってしみじみ思いましたね。


グデグデしてた要因はとにかく視野が狭いのかなんなのか、サイドを変えるパスが極端に少ないこと。

特に右でアツトが余ってることが何回あったことか。

それと連携。
さすがにそろそろ『今年はメンバも監督も代わったからもう少しかかる』じゃ許されないだろ。


よかったのは野沢の復帰とファボンのFKがみれたこと。


逆にフリエは深刻だね。とにかく点を取る形がない。

そう考えるとJ1とJ2って、要求されるものが違うリーグなんだなって思う。

守備力をある程度あげれば、なんだかんだで点はとれるから勝てる(もしくは勝ち点がとれる)J2と
どこもそれなりの攻撃力を有しているために守りきることが難しく、相手から点を奪うことができなければ残ることができないJ1。

この差をもろにうけているのが、フリエなんじゃないのかななんて思ったり。
posted by fool at 21:41| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

\xAD\xF4( ̄口 ̄)

アツト、A代表召集キター!!


ってか、マジですか。
キリンカップって会場どこよ!
posted by fool at 23:45| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月28日

<2007 北京五輪 アジア二次予選>U-22日本代表vsU-22シリア代表(3-0)

初めて代表戦ってのに行ってきたワケですが……
まずスタンドに違和感。

なんか変な雰囲気なのなー。
とりあえず試合を観てしまうゴール裏ってのは初めてみましたよ。
あとなぜかバクスタのアウェイ寄りにも応援団?がいた。
おかげで左右から違うコールが飛ぶ不思議空間。



で、試合は……

なんなんだろうねぇ。

ホントに時々いい形が見える時もあるんだけど、残りの時間ほとんどがアレ。


ちなみに今日の布陣は平山&李の2トップ+家長がトップ下。
この年代ってほかにFWいないのかね……。
平山はなんだかんだで点はとってるんだけど、とても機能してるようには見えないんだけどね。

テレビで見てもっさりしてるように見えるだけかと思ったら、ホントにもっさりしてやんの。
ダニーロよりももっさりしてた。


攻撃は基本的に左から。
かといって、左CBの水本が本田を追い越すのもそんなに回数はなし。
追い越して前にでた時にはいい形になっていただけにもっと行くべきでしょー。

このチーム、ちゃんと強くなるんですかね……(^_^;)





今日聞いたありえない会話。
『李っていくつぐらいなのかな?』
『23ぐらいじゃね?』


イヤイヤイヤ!

U-22日本代表ですから!
posted by fool at 21:38| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

<2007 ナビスコ杯 GL第1節>横浜F・マリノスvs大宮アルディージャ(0-1)

結果は1-0だけども内容的には大宮の完勝だと思う。
さすがに最後のパワープレーの時には危険な場面があったが
それ以外では危ない場面はほぼなし。
(押し込まれそうになったCKの時ぐらいか?)
攻守に運動量が多くて、普通にいいチームになっててビックリした。
特に左のハヤトとハトのコンビはやっかいかもしれんなぁ。


逆にマリノスは……想像以上にひどくてビックリした……
点がとれる気配が最後のパワープレーぐらいからしかかんじられなかったよ…

なのに、その前に松田を交代させちゃうし。


マリノスは4バックの前に松田がフォアリベロ的に居座って、その前に上野。
マルクスがかなり自由に動き回って
逆サイドに山瀬がいる感じなのかな?
ナニがしたいのかようわからんかったけど。

うーん。
フォアリベロに松田を置くってのは、上野みたいに気が利く選手と組み合わせて使う分には悪くはないとは思うんだけどね。たまに松田が上がったところをフォローしてくれる感じで。

ただ、今日の動きをみてる限りだと前に上がるのは禁止されてるっぽいのよね。
それだと単に前目の人数が足らなくなるだけで意味がないと思う。

まあその前にどうやって前にボールを運ぶのか?ってのが、さっぱり見えなかったんですけど。


どこかでちゃんと軌道修正しないとやばいことになりかねない気がするけどなぁ。



といいつつ、うちの方がヤバそうなんですけどね……
今季未勝利なの、うちだけなんじゃないの??
posted by fool at 18:45| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月11日

<2007 J1 第2節>鹿島アントラーズvsガンバ大阪(0-1)

ちぐはぐ。


一言で言うならそんな感じ。
前の選手がもらいたいタイミングと後ろから出すタイミング、前が受けた時の周りの動き、サイドチェンジのタイミングなど。

これを簡単に連携不足ときって捨ててる場合じゃないかもなぁ。



それと今日はマグノアウベスに吉澤をつけてひたすらマンマーク。
確かに失点するまではほぼ消せてはいたけども……
こういうサッカーは見たくないなぁ。


ファボンが退場しちゃったのは謎。
ナニかあったんだろうけど、スタジアムにいたヒトで理由がわかったヒトはほとんどいなかったのでは。
マルキーニョスがとられたシミュレーションもよくわかんなかったしなぁ。

安田が退場しちゃったのは妥当。最初にもらったイエローが余分すぎ。


ダニーロは……どうなんだろうなぁ。
無理してまで使うレベルなのかなぁ??って思える。
コーロキでもいいんじゃないのかなぁ……
マルキーニョスはいいね。相手に怖さを感じさせるだけの何かを持ってる。
ファボンはよくわからないうちに退場しちゃったからなぁ(^_^;)



今日は本山がよかった。キャプテンマークを巻いてなんか意識が変わったのかな。
とにかく攻守に効きまくってた。


今年は両サイドバックを高めに位置どらせるのかな?
ただそれでアツト、イバがいいところにいても、よいフィードが飛んでこないんだから全然ダメ。
取られてピンチになってしまう可能性の方が高い気すらする……

DF陣はもちっと練習が必須だね……
posted by fool at 17:14| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月30日

にばん!

先日の新体制記者会見で今季の背番号が発表になりました。

番号が変わる人は以下。
2:アツト
5:ファボン
8:野沢
9:田代
11:ダニーロ
14:チカシ
15:青木
16:中後
17:シンゾウ
18:マルキーニョス


要するに若手だった選手らがちょっとランクアップした感じですかね。
その中で個人的には9をマルキーニョスではなく田代がつけるということを喜びたい。
チームがマルキーニョスよりも田代に期待しているってことなのだから!


でもみんなしばらくは違和感を感じるだろうなぁ(^_^;)
出てる選手の半分が20番台とか結構好きだったんだけど。


さてさて今年はユニのデザインも変わらないし、新20番をつける人もいないみたいだから、
新しいのは買わなくてもいいかな〜。
posted by fool at 08:29| ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月13日

移籍ネタ

今オフ一番の注目だったのが阿部勇樹の去就。


ほぼ予想通りにレッズへの移籍が決まったみたいで。

アレックスの時と同様に約4億って話ですが、レッズは来季どういう布陣になるんでしょうかね?

阿部をCBに下げての4バックとかだったらびっくりしますけど。




それはさておき。
鹿島はというといつも通り日本人の加入はなく離脱のみ。
山タクも草津への期限付きは年齢的にも鹿島での出場機会的にもカテゴリにも応援できるもの。
がんばって大きくなって帰ってきてください。


それと似た感じなのは羽田のセレッソ移籍。
もう若手とはいえない年齢だけども、
大けがから復帰して一年間出場しつづけたことがなかったりするから
J2ってのは悪くないのかな。


で、深井。
甲府かと思われ続けていたのにふたを開けてみればなんと新潟へ。
なんでや?

スタメン出場の機会を求めてらしいけど、新潟ならばその保証があるってことなのかね……

正直なところ深井に対しては伸び悩んだなぁという印象。
左足さえ警戒しておきゃどうにかなるだろといった弱点がどうにも解消されぬまま。

それでも気持ちが見えやすい選手だっただけに
受けはよかったよね。
そーいや、せっかくフリークスで連載が始まったばっかだったのに(^_^;)


出す方も出す方で、
なんで同カテゴリのチームに出すかね?
posted by fool at 19:57| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月19日

<2006 J1 第31節>大宮アルディージャvs鹿島アントラーズ(0-3)

二節続けての3得点。


というか、田代クン。

開始早々0分、鹿島ゴール前からはじき返したボールを
モト→チカシ→イバ→チカシとキレイに繋いで
最後はチカシのクロスをねらいすましたヘッドで田代がゴール。

ついにコールが出来上がったと思ったら、
さっそく歌う場所を用意してくれるなんてステキな子。




その後は大宮がアリソンでサイドの裏を狙いつつも、
逆にサイドに流れすぎてしまうために中央での人数不足に陥ってしまい弾き返されて鹿島のカウンターにさらされるという展開。



そんな展開の中で効いていたのが、中後。
運動量多く、危険なエリアに顔を出すタイミングと中央バイタルから動いちゃダメなタイミングの使い分けが秀逸。
これなら青木を本格的にCBにまわしても中後にボランチを任せられるんじゃないのかと期待できそうな仕事っぷりでした。
ただフェルが残ると二人して展開タイプになってしまうのがどうかとも思いますが。



後半、大宮は若林を投入して真ん中にはらせ、
大吾を一列下げて、サイドに置くことで、ターゲットと供給役というように役割を明確にしたせいか
10分ほど猛攻。
ただこれをきっちりとセンターで跳ね返し、
隙をついてファビオの抉り&クロスから田代が妙な体勢でヘッド。
今季6点目らしいです。
この出場時間で6ゴールは立派。
来季はスタメンを増やして10ゴールをめざせ!



これで大宮はだいぶがっくりときてしまったのか、
一気に勢いがなくなってしまう。

2点負けているのに関わらず
それを感じさせないような攻撃。
……まぁナニがなんでも勝たないといけないような状態だから仕方ないのかもしれないけど、
どこか弛緩してるよね。

事情はわからないけど、大宮サポも謎の抑揚のない同一コールしか続けてないし。




得点には結びつかなかったが、
気持ち悪いぐらいスゴい連携を見せたのが
ノザーとモト。
やっぱりこの二人は似た感性とそれを実現しうるだけのテクをもってるわ。
後半の30分ぐらいだったかな?
右サイドでボールをもって囲まれた状態から
ナニがなんだかわからないようなパスで2人で4人を置いてけぼり。
リプレーとかがなかったので、
ぜんぜんわかりません。

まぁ鹿島サポならあの2人らしさ全開のプレーと言えばなんとなく想像がつくかもしれませんが……。
いやーいいもん観た。




で、本日のとどめは左サイドからファビオが切れ込んでの崩しからモトがミドルをきっちり入れて3点目。


やけにファビオがみんなに祝福されていたのが、印象的でした。
なんかあんな場面を2年ぐらい前のこの時期にも見たなぁ。
あれもファビオさんだったような……。




とりあえず現時点における戦力差やモチベーションの差がはっきりとでた試合だったんじゃないかと思います。


大宮はとにかく大吾にいろいろな役目を押しつけすぎ。
素直に2列目において配給+αにさせた方がバランスがいいとは思うんですけどね。




で、その大吾ですけど……。
彼をください。
たぶんあいつだ。
現時点のJリーガーで一番キープ力と展開力を兼ね備えている(=今の鹿島に必要な選手)なのは。


多少無理をしてでも穫る価値のある選手だと思うんだけどなぁ。

ま、普通に考えたら放出しないだろうけど……。




今日の苦言としては
ポストプレーからドフリーでシュートを放ったノザー。
とりあえず枠にお願いします。
あれだけ完璧に崩しているのですから、
ゴールを決めて喜ばせてください。
posted by fool at 10:09| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月12日

<2006 J1 第30節>鹿島アントラーズvsガンバ大阪(3-1)

初めて見に行ったガンバ戦で引き分け以外の結果がでました(^_^;)


それも勝ち。
二年前の優勝争いの時はドローになってしまい、共に戦線離脱。
そして今年はうちに負けたことによってガンバはかなり苦しいことに。
いぃ感じに鬼門になりつつあるみたいです。



試合前、いつもと変わらぬ(むしろそれ以上にも見えた)応援を肌で感じて、
『あぁ……たかがタイトル一つ"ごとき"取り逃したぐらいで凹んでる場合じゃないんだよな!』って。
ホント来てよかった。


でもスタメンは謎。ケガなのかもしれないが、フェルがベンチにもおらずに退団濃厚なファビオ・サントスが相変わらず左SBでイバが右。

ナニコレ?
思い出づくり?


そして前半はそこで加地に負けてしまい何度かピンチに。

それ以上に深刻だったのが、バイタルエリアのスカスカ具合。
今日は久々にチカシと青木のボランチだったのですが、
二人とも駆動系なために動き回りすぎて
二人とも真ん中にいないという場面が何度も。
そこを下がってきたマグノにいいように使われてました。


さらにガンバの両サイドがかなりワイドに張り出しているのに
ぜんぜんケアできていないもんだから、
DFライン(主に宮本)からロングパスが出た時には必ずと言っていいほどピンチになってました。



とまぁ前半はラッキーなオウンゴールと完璧なカウンターで鹿島がリードして折り返したものの、
このまま終わることはないだろうなぁと感じさせるハーフタイムでした。


オレがガンバだったらこのままの布陣でもっと積極的にサイドへロングパス、もしくはサイドチェンジを使うよなぁと思っていたのに、
ガンバ西野監督がとったのは
播戸を下げて寺田in。
どうやらマグノの1トップ+4バックに変更みたいです。


ちなみにアゥ監督はチカシを中後に交代。
やっぱりスカスカさが気になってたみたい。
中後がアンカー的に居座ることによって後半は上手くケアしてました(まぁこれはガンバが取った悪手も影響してそうですが)



ガンバはマグノが1トップになってしまったことで
ボールをもらいに下がったり、サイドに開たりするとエリア内に誰もいなくなってしまったりしていたためか徐々にマグノが動きを制限されて怖さが半減。
動きが減ったマグノをCBと青木が上手く挟むことで
シュートをさせないのが奏功。
マグノが落としたボールを誰かが打つというのはあったもののマグノにいい体勢で打たれたのは一回だけでした。
それもきっちりとコースには入っていたから問題なかったけど、
そのこぼれ球を寺田が拾って抜け出したもののあり得ないシュートミス。


さらに前半脅威だった加地も一列下がったことで、
攻撃参加の回数が減少。

とにかく前半の『いつか点を取られそう』という空気が確実に減ってました。


それでも凌ぎきれないのが今年のアントラーズ。


だけども、今日は違いました。
後半途中からズルズルと下がってしまって
前へ出ることが出来なくなっていましたが
ガンバのあり得ないシュートミスに助けられた面もありましたが
後半は無失点。
凌ぎきりました。

カウンターの際には5人ぐらいで走っていた(勝ってるのにそんなに無理する場面ではなかったんだけどね)し、なんか全体的に気持ちを感じることができた試合だったかな。



ちなみに今日のMVPはガンバの橋本クンです。

豪快なシュートミス、オウンゴール、警告2枚で退場と獅子奮迅の活躍でした……
そんな日もあるさ(-人-)



あとは西野監督の采配ミスに救われました。
posted by fool at 14:16| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なんでいま?

なんか15日のサウジアラビア戦で野沢が代表さまに召集されたらしいです。


いい選手だと思うし、嬉しいって言えば嬉しいんだけども……
なんでいま?
なんで野沢なの?
ってのがぜんぜんよくわからない……。

ナニを求められてるんだろう?
今の代表で求められる要素って点からみればもっと上な選手はいるし、
年齢的なエクスキューズもないだろうし……

そもそもオシム監督好みな選手ではないと思うんですけどね。



う〜ん、よくわからん。岩政が呼ばれるんならまだわかるんだけどね。



こんな時に限って試合が札幌でやるのね……。
まぁ出番はないだろうけども青ユニノザー見たかったなぁ。


ってか、ケガは大丈夫なのか?
posted by fool at 11:02| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月31日

鹿島が鹿島であるため

ナビスコ杯がはじまる前にどうしても記しておきたかったことがある。




リーグ戦ではここ数節ナビスコの決勝対策と思われる布陣を色々と試しています。


そして連敗。
リーグ優勝がなくなって、カップ戦のファイナルが目前にあったら
その間のリーグ戦は調整試合ですか。
2位以下は何位でも関係ないですか。
(まあ今季に限って言えば、レッズが優勝したら2位チームにACLへの出場権が転がり込むらしいですが)



確かにそれは合理的な考え方だ。



でも。



そんなのは『鹿島』らしくない。



オレが知る『鹿島』はどんな試合であっても、手を抜かず全力で勝ちにいくチームだったはず。
(一例をあげるなら、天皇杯で格下相手にメンツをおとしたあげく苦戦したってことは未だにないはず)



それが鹿島を鹿島たらしめ、ずっと受け継いでいた「ジーコ魂」だったんじゃないのか?




持てる力を振り絞って、なお負けたのであれば
みている人には何かが残るでしょう。
また見に行こう。次はオレの応援で勝たせよう。
そう思うことだってあるでしょう。


でも余力を残して無様に負けた試合を見せられて、なお再び見に行こうと思うことができるのか?

先日の大分戦。
今年はナビスコの予選も同組だったから、二回目だったがリーグ戦ならば年に一回ない大分での試合なワケだ。

どんな試合だった?
みているサポーターに残る試合だったのか?

遠征してきたサポーターの顔を正面から見ることができるのか?





ナビスコ決勝の結果がどうであれ、これだけは書いておきたかったのです。





ちなみにこれだけ連敗をしても
まったく監督解任の声がでないのは、
ナビスコの決勝があるからなんでしょうが、
逆に決勝で負けたらそれ相応の声があがると考えておいた方がいいと思います。

これだけ準備のために無様な試合を見せられて、決勝でも負けようモノなら……ね。
posted by fool at 14:57| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。