2009年01月12日

【戯】428

いやー遊び尽くした。

ようやく虹の栞までゲット。

大変おもしろうございました。


残念ながらネタは語れませんが、マジで!となる結末。
が、さらにひっくり返るというのは心地よかったです。


ただ、本当の意味では完結していないようにも思える部分(空港の場面)だけはちょっと納得がいかないかな。




あー。後、クリア特典の期限が1/31までっぽいので、やる気がある方はお早めに。
posted by fool at 19:34| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【蹴】【高校選手権決勝】広島皆実vs鹿児島城西(3-2)

雪降ってる。寒そう。


練習試合では皆実が三戦三勝だとか。とはいえ、いつやった試合なのかがないといまいち参考にはならないが。


テレビのアングルがアホ過ぎてナニがどうなっているのかさっぱりわからないな。。


実況は誰だかわからないけども、今までの試合を見てきてないのかね?結果しか見てないのかもなぁ。失点が少ないからって守ってばかりというわけでもなかろうに。極端な話、ずっとポゼッションしてりゃあ失点なんかしないだろうし。久我山を押さえた前橋育英は実際それだったわけだし。準決勝の対城西戦の前橋育英もそれに近かったしね。少ないチャンスをぶち破られたのは想定外だろうが。


そんなこんなで試合は広島皆実ペース。勇也をおさえるというよりも勇也にはボールを入れさせない(もしくは勇也に入った瞬間をねらう)ように守っている。
高い位置から寄せてボールを奪いとってそこからサイドに素早く展開してゴールを狙う形。

対して城西はいつもどおり一回勇也に預けてそこから展開しようとするもそこへ行く前につぶされてしまって形が作れない。


が、20分、ようやく前線の勇也へボールが通る。エリアすぐ外。すぐに皆実のDFが寄せてくるも粘って粘って左足。GKも触るもそのままゴール。
なんじゃそら。ハンパネーYO。


23分、皆実のカウンター。城西の左サイドを侵略し、高いクロス。それをヘッドで折り返し、真ん中へ遅れて入ってきた金島がゴール。去年のユーロのオランダのゴールみたいな感じ。城西はあいかわらずザルだなw
城西の監督がDFラインを押し上げろっていってるみたいだけど、このザルっぷりだと怖くて押し上げられないでしょ。。。サイドを面白いように突かれすぎ。
なんて思っていたら35分。皆実。大きくサイドチェンジしたボールを受け、エリア内に進入。数回防がれるも粘った末にゴール。
なんで、勇也という強い個がいるのにそれを相手に練習しているDFはマンツーマン弱いんだろ?というか、今のはマンツーマンどころか人数そろっているのに。。ここ監督実は相当ヘボいんじゃ……。攻撃も基本的には勇也だし。
とはいえ、ここから逆転するのが城西仕様なんだよなぁ。。。そのための後半風上になるようにエンドを選んだろうし。

43分、皆実。セットプレーからフリーでヘッド。枠内に飛ぶもラインぎりぎりで松井がはじき返す。。……なんでフリーになるのよ。
とはいえ、前半を一点差で折り返した時点でこの先どっちに流れるかはわからんね。皆実もハイペースっぽいからどこまでもつのかわからないし、そうなったらゴール前で勇也という場面が増えてくるだろうからね。



ただ……ダメだしをするつもりはないけども、この内容で城西が優勝してもいいものなのかな?3年前にレッズがJ1優勝した時はワシントン&ポンテ頼みのクソサッカーだと思ったけども、その前提には堅守があった。でも、今の城西には堅守すらなく、本当に勇也頼みのクソサッカーだもんな。
個人的にはベスト4に残ったチームならば前橋育英が一番優勝してほしかった。。


後、気になるのは希の方。明らかにパフォーマンスが落ちてる。滝二戦でやられた怪我が思ったよりもひどいのかな?あの試合で負傷する前はかなりキレキレだったのになぁ。


と思っていたら、後半頭から希に代えて14番平原がIN。やっぱりダメだったか。。


皆実4番松岡に警告。ハンドっぽい。


意味不明な実況。「ここはいい位置からのコーナーキック」
いや、コーナーキックの位置はいつも一緒だろ。


皆実の監督のハーフタイムコメント。「ボール持つことが最大の守備になる。」
よくわかっていらっしゃる。


ただし、後半開始から城西ペース。立て続けにセットプレー。



7分、城西6番に代えて18番。この時間に代えるなら頭から代えておけばいいのに。。


10分ぐらいからまた皆実ペース。城西はまたしても繋げなくなる。これでパスサッカーとかチャンチャラおかしいな。


17分、勇也のポストから平原がエリア内に侵入。マイナスのグラウンダに野村がノートラップでシュート。同点ゴール。ワンチャンスをきっちり決めるのがすごいなあ。


20分、またしても城西左サイドを破ってクロス。GKがかぶり、金島がフリーでゴール。ザル過ぎてやるせねぇ。。大会最多失点記録らしいですよ。……まあエンターテイメントとしては成り立ってるなw



35分、皆実、11番に代えて14番。1トップにするらしい。皆実は残り時間しのぎきれるか。


これを気に時間稼ぎに入る皆実。ちょっと早すぎやしないか?


40分、城西。10番に代えて20番。
城西はことごとくルーズボールが拾えなさすぎ。中盤の面々はどこに行ったんだ??


45分、皆実。9番に代えて20番。



ロスタイム、セットプレー。

GKもあがってくる。なのにシュートで終われない。。
二度目のセットプレー。またあがってくる。

が、奇跡は起こせず。広島皆実が優勝。
よかったよかった。終わってみれば、皆実の快勝って言ったところか。快勝なのに2失点なのが城西の攻撃力のすごいところだが。
posted by fool at 16:10| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月05日

【蹴】【高校選手権準々決勝 】滝川第二vs鹿児島城西(2-6)

090105_1405~0001.jpg090105_1546~0001.jpg
個人的今日のメイン。
もちろん目的は大迫くん。


滝二の応援はガラ悪いな(^_^;)



5分、勇也のポストから希がぬけだしGKも交わしてゴール。あっという間の先制ゴール。


ただやってる内容は滝二の方がよさそう。つないで追い越して大きく展開して。
現に直後にはチャンスを立て続けに作っていたし。

が、次の点をいれたのも城西。

中央でボールを持った勇也が一人交わして右足でミドル。
なんじゃそら。


滝二の方がよいサッカーをしているはずなのに、一人の個がそれをぶち壊してる。
それぐらい衝撃的な試合。

特に3点目を入れられた後、滝二はちょっと心が折れかけてた。

センターライン付近でのファウルに対して素早いリスタート。エリアギリギリに落ちるボールに反応した勇也が、出てきたGKをあざ笑う美しいループ。

スタジアムが静まりかえった。


4点目もカウンターから。ロングパスをワンタッチでラインの裏へ浮かし、1対1になった11番が一度はGKに止められるもこぼれ球を決める。



得点の場面だけではなく、それ以外でも彼の落ち着きっぷりは尋常じゃない。
一人だけ時間の流れ方が違うんじゃないの?って思える。


こんな感覚、前にもあったなぁと思ったら平山だった。平山の3年の時もこんな感じだった気がする。……大丈夫なのか?

後はあんまり動かないのはチームの方針なんだろうけど、それはちょっと気になるかな。



後半、滝二は10番に代えて20番。城西は11番に代えて14番。
20番、やけに小さい。


3分、右サイドから侵入しゴール。誰かは不明。違うところ見てた。


7分、城西3番に代えて2番。


20分、裏へのロングパスに勇也がぬけだし、ピタリとトラップしシュート。
これはGK正面ではじかれるが、リフレクションに反応していたのは希。無人のゴールに流し込んで6点目。

滝二、11番に代えて16番


25分、しつこく攻めていた左サイドから13番がエリア内に侵入し、グラウンダの折り返しをひとごと飛び込んでようやく一点を返した。


ここいらで希が足を痛めて×サイン。
すかさず勇也が中盤に下がる。
よく見てるわ。

18番をすぐに投入。

32分、またしても左から。
今度はクロスに対してちびっこ20番が飛ばずにヘッド。
これがGKの頭を越えてゴール。


18番に代えて24番。

その後も滝二が勢いそのままに攻勢を強める。が、これ以上は増えることなく試合終了。


後半は流し気味だったのかな?それとも滝二の意地?

城西はけっきょく滝二に奪われた流れを引き戻せなかったのが気になるね。
もしもリードされて終盤を迎えた場合に打つ手はあるのか……


滝二の13番は上手いし動きもいいけど、持ちすぎ。簡単に使えばよいところもドリブルでいきすぎて取られてしまうのは難点。
posted by fool at 15:51| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【蹴】【高校選手権準々決勝 】鹿島学園vs大津高校(2-1)

090105_1347~0001.jpg
大津高校って滋賀代表なのかと思ったら熊本代表なのね。
紛らわしい名前だわ。


前半5分ぐらいについたら、すでに鹿島が先制している罠。

が、試合のペースは大津。左サイドの7番を中心に攻め込んどる。
あとは攻守の切り替えが早いかな。
鹿島がボールを持ってもすぐに囲い込んで奪いにかかる。


20分ごろ、CKから高いヘッドで同点。



鹿島は9番の動きがよい。ちっちゃいのに跳躍力もあるし。


鹿島は後半頭から選手交代。青木に代えて増田。紛らわしいな。


大津にいくつかチャンス。が、鹿島のキーパーが当たり日。

10分大津。11番に代えて15番。
11番もよかったと思うんだけどな。


15分あたりから大津が鹿島の動きについていけなくなる。
が、鹿島も大事なところでパスの精度を欠いてしまう。


20分、大津の流れがちょっと悪くなってきた時間に10番に代えて17番。


25分大津、カウンターから右サイドをえぐり、折り返したボールは中央でドフリーで待ってた選手にピタリと合う。
が、ヘッドをふかしてしまい決定機を逃す。

その直後、GKでキーパーが思いっきりダフり足を負傷。



ロスタイム、大津がPKに備えてGKの交代の準備。
が、その最中。
9番のドリブルをエリアギリギリでストップ。鹿島がFKを獲得。

どうするのかなぁ?と思ってみていたが、大津はかまわず交代。


このFKを10番がたたき込み、その後の攻撃もしのいで鹿島学園が勝利。

いや。劇的。


一番やりきれないのは交代させられたGKかそれとも交代で出たGKか……
posted by fool at 13:49| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月04日

【感想】芸能人かがく部

年末にやってた恒例のかがく番組。


今回のテーマは
『ゴリラの生態』
『雷のメカニズム』
『宇宙食』
『蛇の生態』
『色の原料』
『宇宙の大きさ』
『確率学』略
『不老不死』略
と若田さんのインタビューとバズ・オルドリンのインタビュー。
※オルドリンはアームストロングと一緒に月に行った人。
※略は放送されなかったもの。



……が、なんか微妙。
今までのよりもいまいちだった。話に深さが全然なかった。
こんな内容なら教授も必要ないでしょ。
八田と木村のは放送すらされなかったし。

これでレギュラーはどうすかね?と言われても……
間違いなく劣化した内容になるでしょ。


せっかく若田さんにインタビューしているんだから、そこの尺をもっと取ってもらいたかったな。
10分もなかったのに非常におもしろかったし、興味深かった。


また、オルドリンに対して『月にもう一度行きたいですか?』という質問にで、キッパリと『No』って言うのは興味深かった。
『真っ黒な空、太陽はまぶしく、色もない。ある色は私たちが持ち込んだ色のみ。生き物の気配はなにもない』


映画の宣伝っぽかったから、もうちょっと後にテレビに出てきそうな気がするけど。
posted by fool at 15:49| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月01日

【蹴】【天皇杯 決勝】ガンバ大阪vs柏レイソル(1-0)

序盤の出足はレイソルの方が上。
というか、マリノスもガンバより上だったがな。
ガンバからすればとにかくしのいどけってところなんだろうけど、準決勝以上にチャンスを作られまくる。


5分、村上が安田を抜いて折り返し、ポポが放ったシュートは藤ヶ谷がかろうじてセーブ。


15分、レイソルの勢いが落ちてきて、ようやくガンバもつなげるようになり、小気味よいパスから最後は明神がミドル。枠をとらえていたが菅野がはじき出す。

気がつきゃスゲはこんな舞台にいるのかぁ。やっぱりスゴい子だったんだよな。
南の壁を越えてレギュラーを奪取したんだもんな。



レイソルの勢いが落ちてきたのかと思ったけども、単にプレスをかけ始めるラインをちょっと低めにしただけだな。
前すぎても最後まで保たないっていうプランなのかな。

が、それだとガンバはボールがつなげるようになり、レイソル陣内に押し込まれ、攻撃に出るときに時間がかかるようになってしまう。

そうなるとカウンターからの単発な攻撃しかできなくなる。
こうなってくるとレイソル的にはフランサが出てくるまで我慢になるのかなぁ。

ガンバはセットプレーのキッカーに遠藤が使えないのが地味に痛い。
高さではレイソルに勝っているだけに、あとちょっとだけ精度がよければってのがもったいない。

というか、普通のプレーでも左ばっかだったけど、遠藤は右足が使えないのかな??


43分、セットプレーのもみ合いで中澤と古賀に警告。
そんなにひどくはないとは思うのだが……


そのセットプレーからのカウンターで太田に警告。


ポポが放った惜しいFKを藤ヶ谷がセーブして前半終了。



う〜ん。どっちもプラン通りの前半なのかなぁ。

ガンバは後半に勝負をかける体力を残しつつ。
レイソルはあわよくば先制がほしかったが、フランサを投入するまでに同点ならば問題なしといったところか。



ということで、レイソルは後半頭からフランサを投入。outは太田。


が、そこまでリズムが劇的に変わることもなく。
というよりも、フランサがためる→サイドがあがる→取られる→サイドの裏がスカスカ
という罠。


12分、ガンバのセットプレー。遠藤が初めてキッカーになるも菅野がおさえる。

13分、ポポに代わって李。


15分、レイソルのセットプレー。フランサが柔らかく上げたボールに対して古賀がヘッド。
藤ヶ谷がかろうじてはじき出す。紙一重。


18分、李を倒して加地に警告。


20分、村上のミスパスからつないで寺田がミドルも菅野がセーブ。

直後、山根に代えて石川。山根は足つったか?
これでレイソルは交代枠を使いきり。
一方ガンバは一人も交代していない。

というか、代えるカードがないんじゃね?


ガンバは遠藤と橋本の位置を入れ替え。
遠藤をいけるところまで引っ張ろうってところなのかな?


残り15分。
流れはガンバ。
ミスがないから変な位置でボールを取られることもない。じわじわと追いつめていくような攻め方をしてくる。
レイソルはカウンターのみ。かなり苦しい。


それでも互いにチャンスは作りつつも点は入らずに延長戦へ。


5分、ガンバのカウンターを仕方なく止めて大谷に警告。
その前のフランサが倒されたプレーがノーファウルなのはようわからん。


8分、李が上手いポストでボールをおさめて反転したところに対して中澤がファウル。
う〜ん。今のは警告だろ……


さすがにガンバの中盤も動きがなくなってくる。パスは回せるけども、ギャップに入っていけなくなる。


後半、ついにガンバも交代。山崎に代えて播戸。残り15分。

ここまでくるとレイソルはPK戦狙いか。逆にガンバはイヤだろうな。
徐々に追いつめていたガンバがいつの間にか追いつめられているというのが非常におもしろいね。


8分、橋本に代えて倉田。

11分。ガンバがついにこじ開ける。
播戸のシュートは一度は防がれるも、もう一度素早く反応したシュートが115分にしてついにゴールを割る。
いや〜ここまで散々惜しかった播戸がこの局面で決めるとはね。


14分、遠藤に代えて武井。


そのまま逃げきったガンバが優勝。
最後の最後でACLへの出場権をゲット。


終わってみれば完勝に見えるなぁ。
後5分、逃げきったらレイソルがフラン完遂に見えたんだろうけど。
posted by fool at 16:36| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月11日

【旅】北海道[その4]

081207_1043~0002.jpg081207_1209~0001.jpg081207_1339~0001.jpg
朝。今日は小樽へ行くぞい。

夜のうちに雪がふったみたいで新雪だらけ。ふかふかで楽しい。



電車で移動。
道中、海が見える。
あぁ、これが日本海なのか。初めて見たな。

ってか、サーフィンをしとるヤツがいるんですけど……
ドM?



小樽着。
1日周遊のバスチケットを購入。


まずは北一硝子で降車。

ふらふらしてると目の前に六花亭。
二階ではシュークリームが食えるので食す。


隣に北菓楼。
あさみさんがオススメのおかきが売ってるお店。
一緒になぜか洋菓子も扱ってる不思議なお店。
おかきはホタテ味が美味かった。


ちょっと離れてルタオ。
おたるを逆から読んだだけの洋菓子屋さん。
紅茶味のチョコが売りっぽいけど、個人的にはいまいちだった。



ルタオの対面あたりの硝子のアクセサリー屋をのぞくと、いわゆる『木彫りの熊』の硝子バージョンを発見。
ちっこくてかわいい。
こいつは買うしかないでしょ。



続いて、旧日銀小樽支店跡地にある金融資料館へ。

この小樽支店を設計した人が、後に東京駅なども設計したのだそうな。

確かに似てるわ。
にしても、こんなんを100年前に作ったのがすごいわ。

1億円と同じ重さの紙がおいてあった。
約10キロらしい。
米にしたら4000円ぐらい。



お昼。
もちろん寿司。

が、宴会が入っているらしく、かなり遅い。


ようやく到着。
かに、サーモンが美味い。
逆に牡蠣なんかはあんまりうまくなかったらしい。
有名でない理由があるんだろうな。


ここで2時間ほどまったりして、最後に市場に寄って離小樽。

70分かけて新千歳空港へ。
……新千歳→羽田とほぼ同じ時間なんだな。


空港。
土産物を買うぜ〜。

まずはチョコ。
中にイチゴが入っているヤツを捕獲。

後は札幌で見かけた『テレビ父さん』を探して土産物屋さんを旅していると、緊急入荷したじゃがぽっくるを発見。
なにも考えずに二箱捕獲。


さらに探索を続けるとここにしか扱ってませんとある店をついに発見。

思った以上にグッズがたくさんあってワクテカしまくる。

まあ買ったのはストラップだが。


後は帰京しておしまい。
帰りの飛行機も鹿島サポがいっぱいいたなぁ。



半分勢いで北海道まで行ってきたわけですが、仕切ってくださった方のおかげで快適どころか、まさか選手にまで遭遇できる旅になるとは思いもしませんでした。


そう考えると今年は鹿島がらみでよい出会いがあったなぁとしみじみ実感できるよい旅でした。
posted by fool at 19:15| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 写・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月09日

【旅】北海道[その3]

081206_1803~0001.jpg081206_1908~0001.jpg081206_1920~0001.jpg
ドームを後にした一行。


大通り公園にてしばし時間つぶし。
よくわからんが、イベントをやってきてきれい。


ここでとなみんのまさかの来道をここで知る。
言えよ!


札幌北口からバスでサッポロビール園へ。
時間がよければ出来立てのビールとかも飲めたんだろうが……今宵の宴はジンギスカンなのさ(^_-)-☆


うめぇ。
あちこちに札幌やら鹿島やらのサポがおる。
よき交流がはかれてきたようでなにより。


しこたま食べたのちホテル帰還。

一階のレストランに選手やスタッフがおった。簡易祝賀会やってるのかな?

って思ってたら、部屋に行く途中で監督と遭遇。
手を振ったらちょびっとトークしてくれた。
かなりテンション高かったなぁ。
優勝おめでとう&ありがとうは言えたけど、誕生日おめでとうをいい忘れたのが心残り。



部屋。
眠い。
が、スポーツニュースまで我慢。

飲み物を買いに降りたら、私服の岩政に遭遇。
でけーな。


チューボーにエビちゃん。CanCamを卒業してAneCamにいくとか。なにが違うんだか。

一通りのスポーツニュースを見てから就寝。
さっきの私服岩政はスパサカに出るためのものだったのか。
posted by fool at 21:00| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 写・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【旅】北海道[その2]

081206_1306~0001.jpg081206_1327~0001.jpg試合については簡素に。


不思議なフォルムの札幌ドーム。
入場を席ではなくサポでわけとる。
意味がわからん。


開始前。
マックスボリュームが超汚い。こんな汚いマックスボリュームは初めてだ。

盛り上げの一環としてだろうが、コンサの今季のゴールシーンが流れる。
……ダヴィばっか。
しかもそのダヴィもミドルかセットプレーからばかり。
少なくともドリブルで切れ込んでフィニッシュという形は持っていないっぽいね。
ってことは、ボールをもたれても、きちんと寄せつつフォローがいれば問題ない相手とみた。


試合。
立ち上がり、札幌の出足がよく押し込まれる。
とはいえ、元からの指示なのか選手の判断かはわからないが、その時間帯はセーフティにロングボールを使用することでシュートまではいかさない。
そうこうしているうちに野沢がミドル。
なんか変な感じに振り抜いたなと思ったらそのままゴール。
踊るかなぁ?と思ったら、監督の元へまっしぐら。


ダヴィは予想通りだった。
個人的にはFC東京のカボレの方がイヤだったな。
ただ札幌はダヴィに仕事をさせすぎ。
ソガがキックする時はダヴィが中盤に下がってターゲットと競り合わせるのはいかなものかと。
そこで競り勝っても前へ行くのに時間がかかっちゃうのに……
ちなみにその競り合いでは青木がよくがんばってた。


逆に好印象だったのは右サイドの藤田とFWの砂川。
小回りが利くタイプでボールを持てばイバに積極的につっかけてクロス。守りでもフォアチェックを欠かさない運動量でかなりイヤだった。

後半。
ホームでしかも負けているのにブロックを作ったままボールを取りにこない札幌。
鹿島は勝ってるのだから、無理する必要はどこにもなくDFラインで左右にボールを動かす。
明らかに白ける観客。

う〜ん。前半の勢いはどこにいっちゃったんだろ。

それでも時折中央にくさびをいれて、攻め手をうかがう鹿島。
……ほっときゃいいのに。


後半の中盤以降はさすがに前に来るようにはなったが、怖かったのはポストを直撃したミドルぐらい。
あのミドルはなんで見切ったんだろ……
チカシ、田代、船山を投入し、しっかりと逃げきって終了。
時間稼ぐよりもふつうに点が取れそうな気がしたけどね。


なんかうれしいというよりもホッとしたって気持ちの方が大きかったな。
先週の勝ちでほぼ決まりだったのと、札幌の後半のやる気のなさのせいだな。

あ、あと終了間際のコールがかなりグダグダだった。その中で鹿島コールが自然発生したのはすごくよかった。


優勝セレモニー。
去年は掲げることができなかったシャーレ。
いやーキラキラしとるな。


セレモニー後、鹿島サポからコンサドーレコール。
応答でコンササポから鹿島コール。

池内コールもしてあげようよ。


コンサドーレのセレモニーはみることなく撤収。

なんか後援会が選ぶ年間MVPってのがあるみたいね。帰国中のクライトンでしたが。
そういや鹿島にはないな。


簡素なはずが長くなったので……つづく!
posted by fool at 09:09| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

【旅】北海道[その1]

081206_0638~0001.jpg081206_1127~0001.jpg081206_1151~0001.jpg
ちょっとうっかり、北海道行ってきちゃいました。


10年ぶりの飛行機。
前に乗ったのは高校の修学旅行。
あのときは乗り換えを間違えて遅刻しそうになったなぁ。


空港に金色の飛行機があった。何者だ?


7:00の便で北海道までひとっ飛び。


1時間ちょいで着いちゃいましたよ。
北海道近いなぁ。
寒い……が思ったほどではないのはまだ序の口だからなのか?


新札幌まで移動してホテル着。


なんと選手と同じらしい。と言っても選手は前泊だろうが。
今日も泊まるのかな?


荷物だけ置いて、地下鉄で北12条へ。

駅で『あ、鹿島だ』と、おじちゃん・おばちゃんにひそひそ言われる。
へ〜見てわかる程度にはサッカーが浸透してるんだ。



昼はカレースープのお店。ピカンティ。

よくわからんが、北海道はスープカレーの本場らしい。

が、いまいち食べ方がわからん。
このままラーメンのスープに使ってもうまいのでは?

お店のおねーちゃんがかわいかった。


地下鉄でスタジアム最寄りの福住へ。
車内で試合のポスターを見てると『あ、鹿島だ』ってひそひそ言われる。

もういいよ。



福住にいた駅員がめちゃくちゃかわいかった。
制服がかわいかったなぁ。


そうこうしているうちにスタジアム着。
変な形してるなぁ。

続く!
posted by fool at 21:52| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 写・日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。