2008年10月26日

【蹴】【J1 第30節】FC東京vs鹿島(3-2)

今季も残すところあと5節。
昨日の試合で名古屋がドロー、大分が敗戦と足踏みしてくれた中での一戦。
こいつを勝てると優勝までぐっと近づくことができる。


開始前。
今日のコールは全体的にいまいち。なんか流れなく片っ端からやってるだけに聞こえた。
伊野波コールがあったのはよいね。

んで、中後に新しいコール。
これまただせぇな……お経かよ。


もうちょっとはじけるような感じにはできなかったのかな。
本山のはかっこいいのに。



序盤はどちらもよい出足。鹿島はちょっとミスが多いかな。


15分、石川クロスから平山がドンぴしゃヘッドも曽ヶ端の正面。こらイカン。



20分エリアすぐ外でボールを受け、反転して前を向いた興梠が倒される。
得たFKは中後が蹴るも枠外。
興梠はちょっとしんどそうだったか、平気みたいで一安心。

この辺から鹿島の時間が長くなり始める。


が、FC東京も右サイドを中心に反抗。
ムービングフットボールの片鱗を見せ、美しい流れから石川が抜け出すも、曽ヶ端が1対1でセーブ。
う〜ん。一点ものでした。


この後ぐらいからはFC東京の時間。
鹿島はボールを奪っても自分らのミスで簡単に失ってしまう。
ちょっと落ち着かせたい。
こういう時に起点としての小笠原がいないことを痛感させられる。
ダニーロならできそうなんだけど……
そういやダニーロ最近触ってないな。


40分、本山が蹴っ飛ばされるも誰もみてなかったのでノーファウル。



けっきょく前半は流れを引き戻せないまま終了。失点しなかったことをヨシとするしかないかな。



前半はどちらも相手の時間帯にきっちりと締めていた印象。
ちょっと気になってた点としてはアツトとカボレのマッチアップが危なっかしいながらも、ことごとくアツトが勝利していること。
一回でも負けたら決定機なだけにがんばってほしい。


後半。
本山に代えてマルシ。さっきの怪我かな?

立ち上がりは鹿島の時間帯。

これを凌いだFC東京は10分、CKからカボレがヘッド。曽ヶ端の手に当たるもゴール。
まあこういう交互に流れがくる日は得てして、流れが来ていない時間帯に点が入るもんだ……


前回対戦時は先制されるも、興梠・ダニーロの途中投入で逆転勝ち。
今回はその両切り札は既にフィールド。
どうする?
……なんて思ってたら、15分、マルシが粘ってあげたクロスに興梠が体ごと飛び込んで同点。ステキすぎる。

20分、石川に代えて鈴木達也。
かなりイヤな選手だったのに何でだ?


ふと気がついたが伊野波がボールを持った時のFC東京サポのブーイングがすごい。そんなに嫌いになったんか。


30分ぐらいからFC東京の足が止まりはじめる。駆け回ってるのは鈴木達也と羽生ぐらい。

が、32分、カボレがアツトを交わしてあげたグラウンダクロスに複数選手が飛び込みネットが揺れる。長友のゴール。

う〜ん。ついに抜かれちゃったか。
押し気味だっただけにもったいない。



その直後、羽生に代えて大竹。
守りにはいかねーぞってことか?


対するダニーロに代えて田代。


が、37分。
またしてもFC東京の右からやられる。
カボレがあげたボールに大竹が飛び込みゴール。ん〜采配ズバリじゃないですか。


鹿島は最後の札を出す。中後に代えてチカシ。


そして40分、守りを固めたFC東京を田代がこじ開ける。
左で作ったボールを真ん中からエリア内右へ入れて田代がゴール。後一点。
スタジアム盛り上がりすぎ。

FC東京はカボレに代えて赤嶺。
高さ要員か?


ロスタイムは3分。
なにが起こるかわからない時間帯。
帰るヤツとかバカじゃね?


が、奇跡は起こらず。名古屋大分にお付き合い。
むー。

まあ下を向く内容ではないし、これだけ負け数があってもまだ首位なのも事実。
次だ次。



レフリーは村上氏。
あんまり聞いたことない名前だな。

でも個人的にはノイズが少ないよいレフリーさんだと思いましたわ。


J2は上位対決で仙台がセレッソに、山形が湘南にそれぞれ勝利。
これで昇格圏内は決まりかなぁ。
後は自動か入れ替え戦か。
posted by fool at 16:07| ☔| Comment(1) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月04日

【蹴】【J1 第28節】川崎vs大分(3-0)

081004_1550~0001.jpg
暑い日でした。


そんな日のフロンターレのスタメンはついに禁断の前線3トップ+トップ下が外国人。まあレギュレーションだからいいんだろうけど、ズルいな。



互角な序盤、最初に決定機を迎えたのはフロンターレ。
CKをファーサイドの誰かがヘッド。GKの手をかすめたボールが入るかと思われたが、大分の選手が間一髪クリア。
……副審の旗が上がらなかったところをみるとライン上でのクリアだったのでしょう。



16分、FKのどさくさに紛れて金崎に警告。……なんで?


25分、川崎のロングパスに対してレナチーニョと高橋が併走。
エリア内まで行き、高橋がクリアかバックパスか悩んだすきにレナチーニョがうまくかっさらって、ゴール。
堅守大分、思った以上に早く点が入ったな。


続けて川崎は高めになった大分のラインの裏をねらいチャンスを作る。


そして27分、同じような形から抜け出したレナチーニョ。
今度は正面に切れ込んでミドルをたたき込んだ。
なんだそりゃ。


この時間帯大分は高橋の裏をしつこくねらわれる。


32分、ファウル後にボールを蹴りだして谷口に警告。


37分、ホベルトOUT小林IN。
怪我?


40分、テセがハイボールを競った藤田を倒して警告。



ハーフタイム。
ふと気がつくとSS席に力士が。
さすがイッツ・ア・スモウワールド。
春日山部屋の力士さんかな?



で、後半への展望だが……はっきり言って大分に攻め手ナシ。2トップがハイボールに競り負け、くさびもおさめられないとなると、じわじわフロンターレのカウンターの餌食になるぐらいしかやることがない状況。


こっから2点も返すあてはあるのか?


後半開始早々、ジュニーニョとレナチーニョがスイッチしようとしたのを体で止めたとして小林に警告。
う〜ん。ファウルなのはわかるが警告かな……


13分、大分陣内のルーズボールをジュニーニョが拾ってDFラインを抜け出してGKとの1対1をきっちりと決めて3点目。


さすがに動く大分ベンチ。
高松に代えて前田。

が、あんまり状況は好転せず。
というか、大分の一部の選手の戦意失せてないか?というプレーがちらほら。


25分、テセに代えて我那覇。
我那覇、大人気。


直後、前田が伊藤を後ろから倒して警告。
ちょっと前に憲剛にも同じようなとり方をしに行ってたな。

33分、高橋に代えて小林。
……小林が二人いるんかぃ。


40分、FKの遅延行為で寺田に警告。
その直後、DFラインとGKの間に入れられたボールに対して寺田が危うくオウンゴールしかける。

ヴィトールに代えて田坂。


大分のCKからのカウンター。レナチーニョのドリブルに対して藤田が体で止めて警告。


45分、ジュニーニョに代えて村上。
時間稼ぎ?


ラスト大分のFKは川崎ゴール前に混乱を招くも、ゴールラインを割ることはできず。


……う〜ん。大分はわかりやすいぐらい完敗でしたな。
単純に個で負けたように見えるが、その前に1対1になってしまってるのがアカンように思えるけどね。

対して川崎。
先制するて相変わらずのカウンターがはまる。
FC東京戦などをみると守られた時のこじ開け方あたりに課題がまだありそうだけど、最後まで首位戦線から離脱はしなさそうだなぁ……



レフリーは穴沢氏。
この人のジャッジはスゴくひさびさに見るかも。

なんかこまけぇ。
posted by fool at 16:55| ☔| Comment(0) | TrackBack(3) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月24日

【蹴】【ACL準々決勝 2ndleg】アデレードvs鹿島(1-0)

完敗。

2試合通してオウンゴールの一点しかとれなかったこと。
これが今の鹿島の力のすべてでしょう。

そこには惜しかったというものは入る余地はなかったとしか言えません。


単に鹿島にこじ開ける力が足りなかった。


ナビスコの清水戦しかり、本当に後一点必要な場面でとりきるための方策が意外にないのが今の鹿島なのかなと。
posted by fool at 23:58| ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月20日

【蹴】【J1 第25節】川崎FvsFC東京(0-1)

080920_1903~0001.jpg立ち上がり川崎の波状攻撃。CKのこぼれだまはぎりぎり枠の外。

直後、FC東京のCKのこぼれだまから赤嶺が放ったシュートは川島の手をはじいてINゴール。
紙一重だったが、FC東京が先制。


直後、警告じゃね?と思えるようなプレーが二つ続くがどちらもファウルすらなし。多少の接触プレーは流し気味にいくよということなのだろうか?
ちなみにレフリーは松村氏。



互いに序盤から激しい。というとダービーっぽくて聞こえはいいんだけど……
ん〜どちらもサイドにスペースがありまくりてそこを素直についてるからチャンスになってるだけにみえる。

特にFC東京はサイドが絞りすぎなんじゃねーの?


あと黒津は調子がよさそう。このFW陣の中でスタメンなのも納得だわ。



15分、赤嶺が負傷退場。平山IN。
負傷はともかくとしても、交代せざるを得ないような負傷で倒れているのに試合を止めないレフリーってなんなんだろうね。
ちなみに赤嶺君は担架のままベンチ裏に運ばれていきました。


にしても、久々に平山を見たけど相変わらずもっさりしとるのな。
去年のダニーロよりももっさりしとるぜ。


もう一つ気になる点としては、FC東京は細かくつなぐ意識が強いためかクリアであっても簡単に蹴り出さない。ただその影響か単純なサイドチェンジもほぼない。

逆サイドに出せば楽になるような場面でも同エリアで細かいパス。ま、そういうサッカーなんだろうけど、もったいない。


なんて思ってたら40分、今野が退場。
後ろ見ずに走ってた今野が川崎の選手をけちらしちゃったように見えたけどな。
あれで退場はちとかわいそう。けちらされた選手はピンピンしとるわけだし。
赤嶺に対するプレーはノーファウルなのにね。基準があいまい。



ハーフタイム。
10月の試合の案内。

大分戦はなんと力士がやってくるとか。

その名もなんと「イッツ・ア・スモウワールド」


……誰だ考えたヤツ。



後半。
一点勝っていて一人少ないんだから当たり前なんだろうが、FC東京が守り倒す姿勢を全面にだす。
それに対して川崎は右から左から真ん中、空中、セットプレーとあらゆる手段を用いる。
つーか今の川崎ってなんでもできるのな。
憲剛とヴィトールが交互に低い位置からパスを散らす。



で15分双方がほぼ同時に動く。
FC東京、カボレに代えて鈴木達也。

川崎は黒津に代えてレナチーニョ。
J初出場?


不思議なことにこれで互角になる。
鈴木と平山が前線でボールをキープすることでファウルだったり時間を稼ぐことができるようになる。

逆に川崎は焦りもでてきたのかちょっとずつかみ合わなくなってくる。


30分、村上に代えて田坂。もうサイドバックなんかいらんということか?

谷口に代えて大橋。

FC東京はエメルソンに代えて藤山。とにかく守り倒すつもりらしい。



川崎はチグハグ度が加速度を増す。
とにかくこじ開けたいんだろうが、どうこじあけるのか?ってのが、いまいち整理しきれなかった印象。

試合はそのままタイムアップ。FC東京が凌ぎきった。

個人的にはこういう試合の方がFC東京っぽいと思うのだがどうだろう?


試合のポイントは前後半の立ち上がりで失点しなかったことかなぁ。

特に川崎の後半立ち上がりの攻めは迫力があったが、それを凌げたのは大きかった。ここで失点してたら祭りの可能性もあったがFC東京は凌いだ。
逆に川崎はそれ以後徐々に失速。なんでだろ。
posted by fool at 21:05| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月17日

【蹴】【ACL準々決勝 1stleg】鹿島vsアデレード(1-1)

大崎のFooTNiKにて観戦。

芝がボコボコすぎてカシマじゃないみたいだ(>_<)


序盤、興梠が効いてゴール前で二つのFKを得る。
どちらも入りはしないがまあ悪くない立ち上がり。


アデレードのプレスはこっちのSBにボールが入ったのをきっかけにしてるような感じがする。


後はざっくり印象としては攻から守への切り替えが早い気がする。


つーか、がたいがいいのがそろいすぎ。
セットプレーで高いボールから点が入る気がしない……


そのくせ反応がいいからシュートコースにすぐ入ってくるから、GKを直接脅かしたシュートが撃てたのは30分を過ぎてから。


が、その直後の35分右サイドからのクロスに青木が触るもそれをドッドに押し込まれて失点。


このままかと思ったロスタイム。
アツトが出したグラウンダのアーリークロスがボコボコ芝を味方につけてオウンゴールを導く。

なんだそりゃー( ̄口 ̄)



後半開始からイバに代わって中田。
怪我か?

こんなタイミングでSB中田を試すことになるとはね。

対するアデレードもFWを交代。あんまりおっきくないヤツが出てきた。


にしてもこのレフリー、警告基準が謎すぎる。


15分、カウンターに対応したDFラインが交錯してしまい、ソガと1対1になるも神セーブ。
そのカウンターからマルキがミドルを放つもこれまたナイスセーブ。


この辺から徐々に鹿島の早さについていけなくなるアデレード。元気なのは後半から投入したクリスチャーノぐらいか。

後半25分、MFジエゴに代えてDFの選手を投入。

右サイド(ってかアツト?)ブロックのための投入っぽい。


後半30分、チカシに代えて竜太を投入。久々だね。
興梠が中盤に下がるのか?

みた感じそのまま竜太が中盤に入ってるっぽいな。


アデレードはMF同士の交代。


後半35分、興梠に代えて田代。
大丈夫か?


残りは鹿島がこじ開けるかアデレードが凌ぐかという局面となったがそれを制したのはアデレード。

きっちりと凌ぎきられてそのままドローで終了。


良くも悪くもいつも通りだったな。


次勝てばいいんだ!


……で、来週は何時からなんだ??
posted by fool at 20:57| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月07日

【蹴】【アジア最終予選 第1節】バーレーンvs日本(2-3)

注目の左SBは阿部ちゃん。いざとなったらボランチにまわせるってことなんだろうけど、そもそも左SBとしての適性はどうなんだろね。



前半序盤、バーレーンの狙いはアツトか阿部の裏へ素直にロングボール。

日本は守りとしてはそれを蹴らせないように中盤でタイトにプレッシャーをかける。攻撃は縦へのパスの意識がいつもより高い気がする。
グズグズ回して横パスをかっさらわれるのを避けるためかな。
あとは松井・田中達也の調子がよさそう。


前半中盤、なんか事前の情報だとサイドバックはえぐるよりも早めのアーリークロスを、ってことだった気がするけど、アツトはいつも通りもりもり切り込んでるな。


序盤よりは多少リスクを背負ってのボール回しから崩しをねらう場面が増えはじめる。

その中で中村→玉田?の縦パスがつぶされてファウル。
そのFKを中村が強烈にたたき込む。グラウンダーであのスピードはスゴいわ。そのFKに対してきっちりと詰めていた9番(誰?)もエラい。

バーレーンもロングボール一辺倒ではなく、場面に応じて回して日本の穴を探し始める。
プレスをかけに行ってるからそこをかわされるとぶっちゃけ穴だらけ……
人数かけていってるんだからそこでかわされちゃダメだろ。最低でもファウルで潰しとけ。


9番は松井だった。
しっかり詰めてたのはFWじゃないのかよ!


前半終盤、松井に警告。3次予選から累積を引き継ぐとかで次節出場停止。
まあ次はホームだからわざわさ日本にまで召集しなければいいだけでしょ。


プレスがかなりルーズになる日本。
ボールをもたれると危険なシーンが増える。


まだ走れる田中達也玉田のペアがバーレーンのスローにプレッシャーをかけ奪い、チャンスになるが思いっきり手でタックルを受けてファウルをゲット。
これで警告でないんかぃ。

そのFKで高さであわせるか直接かと思いきやグラウンダーで中村。
それをブロックしたバーレーン選手がハンドだったとかでPK。

蹴るのはもちろんヤット。職人きっちりとたたき込んで2点目。

この地での試合にしてはいつになく良い展開。



後半序盤、バーレーンはまたしてもサイド裏をロングボールを狙う。やっぱりこれが一番有効だもんなぁ。
バーレーンはそれプラス日本のDFラインに対してもプレスをかけに来てるかな?
二点返さないといけないから当たり前なんだろうが。

これを何となく受けると危ないな。
縦に急ぎすぎるんじゃなくて相手陣内でキープしてあげてリズムを取り返さないとバーレーンの流れに飲み込まれすぎるかも。


後半中盤、日本の攻撃で前後の出し入れが小気味よくなってくる。岡田さんになってからこれが増えたような気がする。
イメージとしてはWを描くようにボールと人が移動していって崩していく感じ。

バーレーンが一気に二人交代。一人はJ・C・ジョーン。ナイジェリアからの帰化選手だとか。これから一年で4回ぐらい戦うんだから覚えておきましょ。
2トップをまとめて交代。
序盤の勢いがおさまってしまったところへの投入。これで改めて圧力を出していこうといったところかな?上手いなぁ。

スタジアムも沸くところをみると期待もされるんだろうな。

日本のカウンター。
人数がいないため田中達也がサイドでキープ、と見せかけて二人をぶち抜く。
それに対して抜かれた選手が遅れてファウル。もちろん警告。なんと二枚目で彼は退場。
田中達也GJ。


松井に代えて憲剛。
位置はそのままかな?長谷部と入れ替えか??


さすがにバーレーンの足が止まる。
体力よりも心がくじけたかな?
こうなったらルーズに来る可能性があるから怪我だけには気をつけてほしい。


後半終盤。
バーレーンエリア内でボールを奪って長谷部、田中達也が立て続けてシュート。
が、どちらもはかったようにバーに当たる。
なんでやねん!
長谷部よ、その位置で1対1だったらサクッと入れてくれよ。

玉田に代えて寿人。

長谷部に代えて今ちゃん。
田中達也はあの運動量で90分保つのか。玉田よりもこっちを軸にした方がいいんじゃないのか?

なんて思っていたら憲剛のミドルが炸裂。GK準備しなすぎ……。


が直後、斜めにグラウンダーで入ってきたボールにたいしてアツトがクリアミス。それを足下にきっちりおさめられて失点。
あれをきっちり止める、シュートを入れてくるってのは上手いなぁ。あんまり好きじゃないけど、こういうのは決定力の差って言ってもいいかも。


さらに直後、連携ミスにより田中マルクス君が痛恨のオウンゴール。なにやってんだか┐(´ー`)┌

失点したんだからセーフティーにクリアしとけよ。

ロスタイムは3分。
白けていたが一気に盛り上がるスタンド。そらそうだ。


なんですか、視聴者の眠気を吹き飛ばす作戦ですか?
posted by fool at 11:11| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月06日

おちつかねー

結婚式の二次会の服って悩む。
式や披露宴ならスーツでいいんだろうけど、二次会だけだとそこまでかっちりなのもいかなものかと。


つーわけで、モード系な服を見繕ってみたんだけども、
なんかオサレすぎておちつかねーヾ(゜д゜)ノ゛
posted by fool at 16:02| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月02日

【映】デトロイト・メタル・シティ

DMC見てきましたよ。


いやーバカらしくてよいね。ちょこちょこと感動させたいような場面をいれているがむしろウザい。

もっと突き抜けてほしかったが、まあバランスを考えたらいたしかたないところなのかな。



にしても、根岸はキモいな。これは実写化することではっきりするなー。



あとこうしてまとめてみると根岸のことをきちんと見抜いてちゃんと評価してるのって社長だけなんだよね。

逆に相川さんは流されるまま。
なんで最後にGoTo言い出してるのよ。


まあ何にしても原作らしさは失われていない(母ちゃんなど妙なところもあるが)し、実写で動く根岸@ケンイチはかなりキモいので見て損はないかなと。


……音楽だけなら残念ながらダークの方が好みだったなぁ。


あと加藤ローサがかわいい。ぶっちゃけこれだけでも十分。
posted by fool at 19:54| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月29日

【本】さまよう刃[東野圭吾:角川文庫]

自分たちが正義の刃と信じているものは、本当に正しい方向を向いているのだろうか

向いていたとしても、その刃は本物だろうか。
本当に「悪」を断ち切る力を持っているのだろうか。






なんとも言えない話。同じ立場になったら自分も同じことをするだろうと思えるが客観的にも主観的にも許されてはいけない行為だとも思う。

そういう覚悟を持ち、持続させられるならやるべきだろう。


まあナニが正しいのやらって感じだけどね。
posted by fool at 21:36| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月11日

【蹴】【五輪GL 第2節】ナイジェリアvs日本(2-1)

予想通り、しゅーりょー。

もう帰ってきてくれないかな。



本田(圭)が何の役にも立ってないな。
守備ができるワケではないし、それを補う運動量があるわけでもない。むしろ周りよりも少ないぐらい。
FK要員なのかな?
それならそれでしっかりとたたき込むなりしてほしいものだが……女子代表の宮間みたいに。


なんていうのかな……彼はボールをもらってからの判断が段違いに遅すぎる気がする……


逆に谷口は適正ポジションじゃないのによくがんばってたなぁ。最初から呼んでおけばよかったのに(*´Д`)=з




まあそゆことを言い出したら、この五輪代表そのものをカナダのユースにいったメンバーと監督をベースに入れ替えりゃあよかったんだろうがね。
そうすりゃ少なくとも、組織や連携と言った言葉でごまかして、情熱や誇りに頼るしかないようなサッカーにはならなかったろうな。
そもそも最終予選からあんだけ入れ替えてるのに「ずっとやってるから日本には連携がある」なんてたわけたことをどのかおしてほざくのか……
ふたを開けてみれば選手の個の力に頼らざるを得ないサッカー。
そのくせOAは使いませんとのたまう。
アホか。



失点したら香川と李に代えて岡崎と豊田。
どういう意図の交代なんだか。李はともかく香川は個として効いてたろうに。



さらにカウンターから失点。失点の局面そのものは3対2の状況を作られた時点でおしまいなんだろうが、その前の取られ方が悪すぎる。


細貝に代えて梶山。
前節空気だったじゃん(*_*)




谷口のスルーから豊田が反撃の一点。
が、リプレイをみる限りおそらくギリギリオフサイド。
個人的な主観だがこの試合はわりかし日本よりな判定が多かった気がする。





にしても、客はどんだけナイジェリアが好きなんだ(^_^;)

……まあ日本が嫌いな方がたくさんいるだけなんでしょうが。
ちなみに加油と言ったところでナイジェリアの選手には伝わらないと思いますよ。
posted by fool at 00:29| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | サッカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。